このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ヴァーチャルの世界なら法に触れないもんね!

未来が見えた! Oculus Rift DK2なら思いのままに覗けちゃう

2014年09月06日 17時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スカートの中のぞき放題
そう、Oculus Riftならね

 Oculusは、現在2世代目のDK2が発売されている。が、発売されているものは製品版ではなく試作機だ。DK2のDKは、Development Kitの略で、開発者向きソフトウェアのSDKと同じ。

 そんなわけで、今はコンテンツを楽しもうというユーザーより、面白いコンテンツを作りたいという腕のあるマニアの格好のオモチャになっている。

 オモチャなので、当然欲望がたっぷり詰まったものも多数ある。しかも製作者が個人的に作ったものなので、キャラクターのライセンスとか現状ではあまり表立てにできないものもあり、ここで紹介できるのは氷山の一角だと思って欲しい。

太陽系を旅するシミュレータ「Titans of Space」。健全

パラセーリングの3Dムービー。撮影時のエピソードについては別記事を参照のこと(http://ascii.jp/elem/000/000/871/871977/)

ニコニコ町会議の3Dムービー。健全にもほどがある!

 ASCII.jp(っつーか、オレ)的にオススメなのは、ただ女の子がニコニコ立っていたり、ステージ上でライブをやってくれるアプリだ。制作は3Dに定評があるイリュージョン。一部には超有名なスーパー3Dコンテンツ制作会社ね。フィギュアと同じで、ちゃんとパンツまで作ってあるので、下から覗き込むとパンツ丸見えなのだっ!パンツがっ! ファッ!

女の子の部屋の中をエクスプローラーできるソフト。極めて不健全(笑)

DK1は視線の高さ固定で、頭の3軸のみフィードバックするのでパンチラするのは超難しい。ダメと分かっていてもしゃがんで、下から覗きたくなる男の心理

 しかもどんなに不審な行動をとっても、バーチャルの世界なので通報されることも、逮捕されたり、キモーイ! とか言われることもない。ただしパンツを覗こうと懸命な姿を第三者に見られると、この上ない超不審者。

 オレのようなパンツァーに激オススメはOculus DK2。コイツは対象物との距離センサーを搭載したため、DK1では女の子との距離や視線の高さが、プログラムに埋め込み(リテラル)値だった。しかしDK2は、近赤外線センサーを搭載しているので、頭のXYZ軸に加えて、対象物との距離や視線の高さHMDを通してPCにフィードバックできるようになった。結果、よりパンツの見え方がリアルに、そしてスリリングになったのだ!

パンツァー必須のDK2。PCのディスプレーなどにつける赤外線センサーで、よりリアルなバーチャルが楽しめる

最初に高さや距離感のキャリプレーション(原点出し)をする。HMDをつけて脚立の上に立つなどしてキャリプレーションすれば、普通に立つだけで地面にメリ込むなどの裏技が使える。便利!

 そして「もう見えそうじゃん!」的な短いスカートでも、実際にパンツを覗き込むには、地べたを這いつくばらならないことを思い知らされ、バーチャルの中で知ったリアルに画然とする。

 スカートの長さと股下の位置が分かれば、あとは三角関数と三平方の定理を使えば、女の子から何m離れた位置から何度の角度で見ればパンチラできるかが計算で分かる。しかし、実際にその距離と角度をやってみると、この有様だ。

 こんな醜態を晒さないとパンツが見えないとは、パンツ恐るべし! 恐るべしパンツ!

女の子の映像は、倫理的に見せられネーっす。この醜態に倫理はないのか? と問われるのが非常に辛い

距離、高さをフィードバックできるDK2になると、DK1より没頭して恥も外聞もなくなる。そして分かっちゃいるが、手を出したくなる(笑)

 そのほか、ステージ上で激しく踊るライブを踏まれながら超ローアングルで見たり、初音ミ○や艦こ○の娘が添い寝してくれたり(しかも微妙にバイノーラル録音っぽい)などなど。

 超健全なアプリから、使いようによっては不健全になるものも多数あって、ゲームになっていなくても何時間でも遊べる(ただし酔わなければ)。

 Oculusはまだ試作段階だが、超マニアックでプレイヤーも多いEuro Truck Simulator 2などが、いち早くDK2をサポートするなど、これから広がる楽しみが無限大。健全・不健全に関わらずOculus Rift Development Kit2は注目デバイスだぜ!

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン