このページの本文へ

赤外線と白色LEDを両搭載

ソニー 暗闇でもカラーで録画できる、白色LED搭載の監視カメラ

2014年09月03日 20時05分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

従来の赤外線に加え、白色LEDを搭載する「SNC-VB632D」

 ソニーは9月3日、赤外線と白色LEDを両搭載するネットワークカメラ「SNC-VB632D」を発表した。

 撮影環境の照度が低い場合は赤外線を自動照射し、範囲約30mをモノクロで撮影する。これに加え、動体検知によって自動的に作動する白色LEDを搭載。約5mの照射距離内でのカラー撮影が可能となり、建物の出入り口や駐車場といった場所の監視などに適応するという。白色LEDを照射しながらアラート(警告)を鳴らす機能も備えている。解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)だ。

 価格は23万7600円。11月25日の発売を予定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画