このページの本文へ

「ヤフオク!」15周年、総落札額が8.5兆円

2014年09月01日 12時59分更新

文● 加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネットを使い、個人間でモノを売買するCtoC(Consumer to Consumer)市場において草分け的なサービスと言える「ヤフオク!」(旧「Yahoo!オークション」)。1999年9月28日のサービス開始以来、今月の28日で15周年を迎える。

 そんななかでヤフーは、総落札額がサービス開始以来約8.5兆円、総落札個数が約15億個になったと発表。2013年度の利用者数は約1000万人、落札額は7300億円にまで成長しているという。

2013年以降の「ヤフオク!」の画面イメージ
2013年以降の「ヤフオク!」の画面イメージ

 「ヤフオク!」は、誰もが手軽に出品、入札ができるインターネットオークションとして定着している。サービス開始以降、出品者の本人確認システムの導入、「オークションストア」の出店受付開始、知的財産権保護の取り組みをはじめ、スマホ・タブレット向けアプリの提供など、時代に合わせたサービスを展開してきた。

「ヤフオク!」15年のあゆみ
「ヤフオク!」15年のあゆみ

 近年ではオークションのみならずリユースもキーワードとし、2013年7月にヤフオクドームで不要な洋服を引き取る「リユーススタンド」を設置、14年1月には大規模フリーマーケット「リユース! ジャパンマーケット」を開催した。さらに4月、Yahoo! JAPANはブックオフコーポレーションとの資本・業務提携を発表。インターネットとリアルそれぞれの強みを活かし、リユースしやすい環境を整えようとしている。CtoC市場の発展とともに、「リユース革命」としてリユース経験者100%を目指す。

■関連サイト

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画