このページの本文へ

6コアのCPU搭載モデルもラインナップ

8コア「Core i7-5960X」搭載ゲーミング「MDV-GX9500X2」-G-tune

2014年09月01日 20時05分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

発売されたばかりでコードネーム「Haswell-E」のCPUを搭載するハイスペックゲーミングPCの販売を開始

 マウスコンピューターは9月1日、コードネーム「Haswell-E」で、ヘキサコア(6コア)の「Core i7-5820K(3.3GHz)」、「Core i7-5930K(3.5GHz)」、オクタコア(8コア)の「Core i7-5960X(3.0GHz)」を搭載するゲーミングデスクトップPCの販売を開始した。ゲーミングブランド「G-Tune」からのリリースとなる。

 全機種ともOSはWindows 8.1(64bit)を採用する。電源は700Wで、80PLUS BRONZE認証を取得している。

 CPUがCore i7-5820K(3.3GHz)で、GPUがRadeon R9 280のNEXTGEAR i850BA1-SPは、メモリーが16GB、ストレージは2TB HDDを搭載する。価格は17万2584円。

 Core i7-5820K(3.3GHz)とGeForce GTX770のNEXTGEAR i850SA1は、メモリーが32GB、ストレージは2TB HDDという構成で、価格は21万5784円。

 Core i7-5930K(3.5GHz)のNEXTGEAR i850GA1-SPは、GPUがRadeon R9 290X、メモリーは32GB、ストレージは2TB HDDで、価格は26万9784円。

 Core i7-5960X(3.0GHz)の最上位モデルNEXTGEAR i8501PA1-SPは、GPUがGeForce GTX780Ti、メモリーは64GB、ストレージは2TB HDDという構成で、価格は39万9384。

 BTOに対応し、ストレージのアップグレードやディスプレーなど各種デバイスのカスタマイズが可能だ。9月1日10時より、同社のホームページおよびダイレクトショップ、電話窓口にて受付を開始している。

マウスコンピューター/G-Tune

カテゴリートップへ