このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

単体駆動、Androidスマホ直結、モバブにもなる165gのハンディタイプ

スマホ並に小さいプロジェクターQUMI Q1を使い倒す

2014年09月10日 11時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマホ並に小さい本体にバッテリーとスピーカーを内蔵した、単体駆動の新型ハンディプロジェクター「QUMI Q1」。MHLケーブル搭載でAndroidスマホと直結可能、おまけにモバイルバッテリーにもなるという、ガジェット好きにはたまらない飛び道具だ

遊びに仕事に! 手元に収まる最高の飛び道具

アドトロンテクノロジーのハンディプロジェクター「QUMI Q1」(実売価格2万8000円/発売中)。サイズは幅71×奥行き132×厚さ14mm、重さは約165g。5インチ級画面のスマホを想像するとよい

 「QUMI」シリーズといえば、最上位機種のQUMI Q7を筆頭に、コミック単行本サイズに似合わない強力な投影性能と、さまざまな機器にガシガシつながる汎用性を併せ持ち、ガジェット好きの好事家に留まらず、ビジネスシーンでも部署単位で使用されている鉄板モバイルプロジェクターだ。

 そんなQUMIシリーズに新モデルが登場した。その名も「QUMI Q1」。

 ユーザーの手のひらに収まる超小型のハンディプロジェクターで、大きさは幅71×奥行き132×厚さ14mm、重さは約165g。5インチ級ディスプレー搭載のスマホを思わせるサイズ感だ。

カラバリは「ブラック」「レッド」「イエロー」「ブルー」「ホワイト」から好みの色を選べる内容物一覧。マニュアルのほか、携帯用のポーチ、HDMI→マイクロHDMI変換プラグ、5ピンMHLケーブル、11ピンMHLケーブル(GALAXYシリーズ向け)、充電用のUSBケーブルなどが付属
色が付いている箇所は滑りにくい素材でできている。QUMI Q1の上にスマホを載せ、“親亀子亀”状態での使用も想定しているようだ裏面にはスピーカー、スタンド、給電ボタン、そしてバッテリー容量などを示すインジケーターLEDを搭載

 QUMIシリーズの最新製品らしく、使い勝手は上々に仕上がっている。もちろん、これまで小型プロジェクターを使い倒してきた数寄者といえども胸がキュンとなるようなギミックも搭載済みだ。

 さっそく次ページでQUMI Q1の基本スペックを確認していこう。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

QUMI 次世代のモバイルプロジェクター&ポータブルバッテリー販売中!!