このページの本文へ

「技ありインク」でメリハリ印刷のインクジェットプリンター17機種を発表

ブラザー、「PRIVIO」新モデルでインクジェット市場に「三つ巴の戦い」を挑む

2014年08月29日 18時24分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ブラザーがインクジェットプリンターの新モデルを発表。歌舞伎俳優の中村勘九郎さんと中村七之助さんが発表会に登場した。中央は片山俊介社長。

 ブラザーは8月28日、インクジェットプリンター「PRIVIO」の新製品17機種を9月下旬より発売すると発表した。

 ブラザーはインクジェットプリンターPRIVIOシリーズから高機能モデル「ネオシリーズ」、基本性能を備えた「ベーシックシリーズ」、低価格モデル「シンプルシリーズ」の3種類を展開している。

新製品は17製品をラインアップ。全機種Wi-Fi対応だ。

 ブラザーのインクジェットプリンターでは、写真印刷はシアン、イエロー、マゼンタの3色の染料インク、文書印刷はブラックの顔料インクを使用していた。この4色の組み合わせは、他社の6色インクのモデルと比べてコストパフォーマンスが良い反面、写真の濃い色の部分が薄く印刷されるなどのデメリットがあった。そこで、写真印刷において新開発の「技ありインク」を採用し、黒および暗部の色再現性を強化し、メリハリのある写真印刷が可能になったという。(ネオシリーズのみ)。

新開発の「技ありインク」を採用し、黒および暗部の色再現性を強化。

技ありインクを採用するほか、空や肌の色など、印象に残りやすい「記憶色」を鮮やかに表現するようソフト側も調整したという。

 社長の片山俊介氏は、「『プリンターに第3の選択肢を』を目標に2011年にインクジェットプリンターを市場に投入し、昨年度は初めてシェア10%を達成できた。これからは『三つ巴の戦い』を目指して、15%を目標にシェア拡大を狙う」と話した。

 全機種でスマホアプリ「Brother 年賀状プリント」に対応。同アプリは「テンプレートを選ぶ」→「写真を選ぶ」→「プリントする」の3ステップで年賀状が作成可能だ。「Wi-Fiダイレクト」搭載機種を3機種から7機種に拡充。Wi-Fiで直接プリンターと接続してルーターなしでも印刷が可能だ。

スマホアプリ「Brother 年賀状プリント」はテンプレートと写真を選ぶだけで年賀状を作成できる。スマホの連絡帳から宛名印刷も可能だ。

 さらに、NFC対応端末をプリンターにタッチするだけでプリントやスキャンができる「タッチdeプリント&スキャン」対応モデルを2モデルから4モデルに拡充した。

 2014年は歌舞伎俳優の中村勘九郎さんと中村七之助さんの中村兄弟をCMキャラクターに起用。勘九郎さんは「2人でCM撮影するのは子供のとき以来、20年ぶり。掛け合いはスムーズに合わせられた」と撮影時のエピソードを披露。勘九郎さんは新製品で印刷した自身の写真を見て「隈取までキレイに出ている」とコメントした。

歌舞伎俳優の中村勘九郎さんと中村七之助さんら中村兄弟をCMキャラクターに起用。

 家庭用複合機の上位モデルのネオシリーズには「DCP-J4220N」「MFC-J4720N」を追加。主な仕様は、最大A3サイズに対応し、印刷速度はカラーが毎分18枚、モノクロが毎分20枚。自動両面プリント、ADF、Wi-Fiダイレクトに対応する。DCP-J4220NはFAX機能とLANポートを備えるほか、NFCに対応する。

DCP-J4220N-W/B。予想実売価格は2万5920円前後。

FAX機能付きのMFC-J4720N。予想実売価格は3万1320円前後。

 標準モデルのベーシックシリーズは、子機なしの「DCP-J957N」「DCP-J757N」「DCP-J557N」の4機種と、電話・子機がついた複合機「MHC-J987DN/DWN」「MFC-J897DN/DWN」「MHC-J827DN/DWN」「MFC-J727D/DW」の4機種の計8モデルを展開。主な仕様は、最大A4サイズに対応し、印刷速度がカラー毎分10枚、モノクロ毎分12枚。

DCP-J957N-W/B。Wi-Fiダイレクト、NFC、自動両面プリント、レーベルプリントに対応し、LANポートを備える。予想実売価格は2万1060円前後。

DCP-J757N。自動両面プリント、ADF、Wi-Fiダイレクト対応。予想実売価格は1万8900円前後。

DCP-J557N。ADF、NFCは非搭載。予想実売価格は1万5660円前後。

MFC-J877N。ファックス機能とLANポートを備える。予想実売価格は2万5920円前後。

MHC-J987DN/DWN。NFC、Wi-Fiダイレクト、自動両面プリント、レーベルプリントに対応する。予想実売価格は子機1台付きが3万6180円前後、子機2台付きが4万6440円前後。

MFC-J897DN/DWN。無線ファックス対応で、有線LANとWi-Fiダイレクトは非搭載。予想実売価格は子機1台付きが3万6180円前後、子機2台付きが5万1840円前後。

MHC-J827DN/DWN。付属の通信ボックスだけを電話線につなぐタイプ。無線ファックス対応で、ADFやNFC機能は搭載しない。予想実売価格は子機1台付きが3万1320円前後、子機2台付きが4万1580円前後。

MFC-J727D/DW。ファックス機能のみのシンプルなモデル。価格は子機1台付きが2万5920円前後、子機2台付きが3万6180円前後。

 低価格モデルのシンプルシリーズは「DCP-J137N」を追加。印刷速度はカラー毎分6枚、モノクロ毎秒11枚。

DCP-J137Nは必要な機能に絞った低価格モデル。予想実売価格は8640円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン