このページの本文へ

“ちらつき”とブルーライトを低減

3段階でブルーライトカット! 24型液晶「ProLite E2483HS」-マウスコンピューター

2014年08月28日 15時48分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ProLite E2483HS

 マウスコンピューターは8月28日、ブルーライトカット機能とちらつきを低減させるLEDバックライト技術を搭載したiiyama製24型ワイドディスプレー「ProLite E2483HS」を発表した。

 「ProLite E2483HS」は刺激の強い青色光源を低減するブルーライト低減機能を搭載。そのため、別途メガネを用意したり、ディスプレーにフィルターを貼ることなくブルーライトの低減が可能だ。低減度合いは使用シーンや好みに合わせて「3パターン」の度合いを選べる。

 また、眼精疲労の要因ともいわれるバックライトのちらつきを低減する技術も備える。通常のLEDバックライトはPWM調光方式というもので、高速に明滅(めいめつ)を繰り返すため、目への負担が大きい。これに対して「ProLite E2483HS」では、光量を調整することで画面のちらつきを抑えている。

 機能面では、動画やゲーム、写真など閲覧対象によって最適な画質をチョイスできるiiyamaオリジナルのiStyle Color機能を装備。入力コネクターはHDMI、HDCP対応DVI-D、ミニD-sub 15ピンの3系統だ。

 直営サイトでの価格は2万800円。8月29日より発売を開始する。

背面には100×100mmのVESA規格対応マウントもある

カテゴリートップへ