このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新Bluetoothスピーカーのベストチョイスはコレだ!第3回

外でもお風呂でも使える! 防水Bluetoothスピーカー3機種をチェック!

2014年08月27日 12時00分更新

文● 海上 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アウトドアだからこそパワフルさがほしい!
ロジクール「UE BOOM」

電源オン/オフやペアリングのときの効果音など、いたるところにこだわりが感じられる「UE BOOM」

電源オン/オフやペアリングのときの効果音など、いたるところにこだわりが感じられる「UE BOOM」

筆者のチェックポイント

  • ここが○:音の広がりが自然な印象。専用アプリで2台同時使用も可
  • ここが△:横置き時のセットポジションがわかりにくい

 電源をオンにしたとき、ペアリングが完了したとき、自動電源オフされるとき……UE BOOMを利用していると、打楽器が効果音に使われていることがわかる。

 Bluetooth機器にありがちなビープ音はなんともチープで興ざめしてしまうが、タタタンというコンボの音であれば印象は大きく変わる。このように細部にまでこだわって開発されたスピーカーが、ここに紹介するUE BOOMというスピーカーだ。実売価格は2万円前後となる。

多数のカラーバリエーションを用意。オンラインストア限定カラーもある

多数のカラーバリエーションを用意。オンラインストア限定カラーもある

本体にある大きな+と-の切り込みがボリュームボタンとなっている

本体にある大きな+と-の切り込みがボリュームボタンとなっている

充電用microUSB端子とオーディオ入力短端子を搭載。本体は縦/横方向のどちらに置いてもOK。360度全方向に広がる音場とメリハリの効いた音が印象的だ

充電用microUSB端子とオーディオ入力短端子を搭載。本体は縦/横方向のどちらに置いてもOK。360度全方向に広がる音場とメリハリの効いた音が印象的だ

反対側にはBluetoohボタンと電源ボタンを搭載する

反対側にはBluetoohボタンと電源ボタンを搭載する

2台のUE BOOMと専用アプリを利用すれば、左右チャンネルを1台ずつ割りあてステレオ化する「2x」モードを楽しめる

2台のUE BOOMと専用アプリを利用すれば、左右チャンネルを1台ずつ割りあてステレオ化する「2x」モードを楽しめる

 音の傾向は、簡潔にいうと「クリアー&パワフル」。内蔵DSPの効果か、外観から受ける印象より音場は広く自然な印象で、一方ではギターや管楽器の繊細な音も漏らさず鳴らす。

 2基搭載されたパッシブラジエータにより低域の迫力も十分。最大出力18Wというパワーもあり、余裕すら感じさせる。

 IPX4相当の耐水仕様と約15時間という長時間対応のバッテリーを備え、アウトドアでの利用もバッチリだ。

 スマートフォン対応に積極的な点も好印象。iOS/Android対応の専用アプリには、目覚まし時計代わりに使えるアラーム機能のほか、イコライザー機能を装備。

 2台のUE BOOMを同期させ、左右チャンネルを1台ずつ割りあてステレオ化する「2x」モードも用意されている。

UE BOOMの主なスペック
エンクロージャ方式 密閉型(パッシブラジエータ×2)
連続再生時間 約15時間
最大出力 18W(9W×2)
NFC対応
マルチペアリング 最大8台
マルチポイント 2台
対応コーデック SBC
本体サイズ 幅65×奥行65×高さ180mm
重量 538g

次回はちょっと変り種のスピーカーを紹介!

 ここまではかなり正統派のBluetoothスピーカーを紹介してきたが、天井から吊り下げられるなど面白い使い方ができる製品もある。次回はそんな一風変わったBluetoothスピーカーを紹介していく。

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中