このページの本文へ

末広町に持ち帰り専門スパゲティ店「パスタス」がオープン

2014年08月25日 19時31分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 末広町駅3番出口から徒歩1分の場所に「パスタス末広町店」がオープン。8月22日より営業を開始している。

持ち帰り専門スパゲティ「パスタス末広町店」が8月22日にオープン

 「パスタス末広町店」は、6月15日に閉店したサンドイッチ専門店「サンドイッチカウンター」の跡地にオープンした持ち帰りスパゲティ専門店。経営母体は、「サンドイッチカウンター」同様、ファミレス大手のサイゼリア。

 基本となる190円のスパゲティをベースに100円のソースや具材などを組み合わせて、お好みのスパゲティを作るという対面式の店舗となっていた。麺の量も、基本となる190円の200gに100円で200gを追加できるので、1人前では足りないという人も安心だ。

オーダーされてから対面カウンターで麺を茹で、具材を盛り付けていくので、できたてのスパゲティが提供される
電子マネーでの支払いにも対応パルミジャーノレッジャーノチーズがサービス中で、目の前で大きな塊から削ってもらえる

 用意されているソースは“完熟トマトのソース”“やみつきペペロンチーノ”“こくうまミートソース”“こだわりクリームソース”の4種類。具材は、“彩り温野菜”“チキンとオニオンのソテー”“ほうれん草とパンチェッタ”“プチプチたらこ”“半熟卵とパンチェッタ”“4種のきのこのソテー”“荒挽きソーセージ”“4種の魚介レモン風味”の8種類。

 2種類のサイドメニューとして“サラダ”“ポンデケージョ(2個)”が用意されており、常設のオプションは14種類。さらに、期間ごとに変更されるオプションメニューも15種類ある。

今回オーダーしたのは、基本の麺に3種類のオプションメニューで、合計490円(税抜)。美味しくいただきました

 麺の量とオプションメニューを注文してから麺を茹でるシステムで、商品提供までは2分程度。今回、筆者は、200gの麺に“完熟トマトのソース”“ほうれん草とパンチェッタ”“モッツアレラチーズ”490円(税抜)をオーダーしてみたが、しっかりとした味で、コストパフォーマンスを考えると、満足の行く内容だった。

※店舗情報

店名:パスタス末広町店
住所:東京都千代田区外神田3-16-13 秋葉原花壇ビル1F
電話:03-5289-4371
営業時間:10時~22時
定休:年中無休

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ