このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

事業コンシェルジュならではの分厚いサポートを支える戦略インフラ

業務支援にまで踏み込む弥生のカスタマーセンターの真髄に迫る

2014年08月25日 15時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

8月21日、弥生は札幌にあるカスタマーセンターのプレス向けツアーを実施した。この規模のソフトウェア会社としては異例のスケールを誇るカスタマーセンターは、「事業コンシェルジュ」を標榜するという同社のビジネスの要だった。

お客様は製品を購入するのが目的ではない

 個人事業主・中小企業向けに業務ソフトを展開する弥生は、現在大阪と札幌で2つのカスタマーセンターを運営している。今回見学したのは、市内のビルで展開されている札幌のカスタマーセンター。イベントで登壇した弥生代表取締役社長の岡本浩一郎氏は、カスタマーセンターやサポートサービスの概要はもちろん、サポート体制の強化や最新の問い合わせ動向まで幅広く説明した。

弥生 代表取締役社長 岡本浩一郎氏

 弥生はパッケージ版の弥生シリーズを購入した顧客向けに「あんしん保守サポート」という年間契約の有償サポートを提供している。顧客はニーズに合わせて「セルフプラン」「ベーシックプラン」「トータルプラン」という3つのプランから選択できる。顧客は電話でカスタマーセンターに問い合わせることで、製品の操作やデータ保守、活用サービスなどのサポートを受けられる。

 ここまでは他社と同じだが、弥生で特徴的なのは弥生製品の保守を超えた業務支援をサポートメニューとして提供しているところ。たとえば、「業務ヘルプデスク」というメニューでは、仕訳相談はもちろん、確定申告や消費税改正などのアドバイスや相談も受けられる。さらに「業務支援サービス」では、スモールビジネスでは常設が難しい顧客の情報システム部や総務部のサービスを利用できる。

製品にとどまらず、業務自体の支援をメニュー化している弥生

 岡本氏は「そもそも論として、お客様がなにを求めているのか? やや自虐的だが、お客様は製品を購入することが目的ではない。達成したいのは業務を成立させること、効率化すること、成功させること」と語る。そのため、単にソフトの操作を教えるだけではなく、業務を円滑に遂行させるためにあるというのが、弥生の考えるサポートサービスというわけだ。

4人に3人が加入するサポートを支える現場

 こうした手厚いサービスを受けられるあんしん保守サポートの支持は高く、加入率はなんと76.1%。弥生シリーズを購入した顧客のうち、実に4人に3人以上がサポートサービスに加入していることになる。加入者数は2014年6月末時点で40万7121事業者で、サポートの更新率も86.6%を記録している。製品導入時に仕方ないから保守サポートに加入するのではなく、多くのユーザーがその価値を認め、積極的にサポートに加入していることがわかる。

4人の3人以上があんしん保守サポートを利用している

 昨年からは“あんしん”キャンペーンを実施。「一度利用していただくと、満足していただけるのですが、加入する際に迷われてしまう方が多い」(岡本氏)とのことで、弥生13/14シリーズを新規購入したユーザーに、あんしん保守サポートを最大15ヶ月無償で提供する。これにより高い満足率と継続率を得ているという。

 このように操作サポートから業務相談へと移りゆくあんしん保守サポートを支えるのが、今回取材した弥生の札幌カスタマーセンターだ。

カスタマーセンターが設置されている札幌市内のビル

(次ページ、現場の問い合わせや苦労などが披露!)


 

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新