このページの本文へ

AMDがSSD市場に参入、OCZとタッグを組む

2014年08月19日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米AMDは19日、Radeonブランドの2.5インチSSD「Radeon R7 Series SSD」を発表した。OCZのOEM品で、東芝製のMLC NANDフラッシュと、OCZ製のコントローラー「Barefoot 3 M00」を採用する。

Radeonブランドの2.5インチSSD「Radeon R7 Series SSD」

 保証期間は4年で、データ移行ソフトの「True Image HD」が付属する。スペックと価格は以下のとおり。なお、日本でも販売を予定しているが、発売日と価格は未定となっている。

AMD「Radeon R7 Series SSD」スペック表
製品名 Radeon R7 120GB Radeon R7 240GB Radeon R7 480GB
容量 120GB 240GB 480GB
最大シーケンシャルリード 550MB/s 550MB/s 550MB/s
最大シーケンシャルライト 470MB/s 530MB/s 530MB/s
最大ランダムリード(4K QD32) 8万5000IOPS 9万5000IOPS 10万IOPS
最大シーケンシャルライト(4K QD32) 9万IOPS 9万IOPS 9万IOPS
価格 99.99ドル 163.99ドル 298.99ドル

スペックの詳細(クリックで拡大)

性能はOCZ「Vertex 460」と「Vector 150」の中間に位置する

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中