このページの本文へ

ヤマハがテレビの下に置く台座型サラウンドシステムを発売! 

2014年08月22日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ヤマハの「SRT-1000」

ヤマハの「SRT-1000」

 複数スピーカーとアンプがセットになったホームシアターシステムは近年、バータイプスピーカー1本(+サブウーファー)でサラウンド音場を実現するフロントサラウンドシステムに進化した。

 そして、現在はテレビの下に置く台座型のサラウンドシステムが続々と製品化されている。具体的には、ソニーの「HT-XT1」やボーズ「Solo TV sound system」、デノン「DHT-T100」などだ。

 ヤマハが10月上旬に発売を予定している「SRT-1000」もそのような製品の1つ。同社としては初となる台座型サラウンドシステムだ。筐体はMDF材で構成され、55V型(40kg)までの液晶テレビを上に置くことができる。

フロントグリルの中にサラウンド用スピーカーが見える。一番右はフロントスピーカーだ

フロントグリルの中にサラウンド用スピーカーが見える。一番右はフロントスピーカーだ

 前面には4×10cmの横長スピーカーユニット×2(L/R用)に加え、8個の2.8cmスピーカーを内蔵。同社のデジタル・サウンド・プロジェクター技術により、音をビームとして壁などに反射させ、サラウンド音場を実現する。

 また、底面には8.5cmのスピーカーユニットを2つ内蔵し、サブウーファーとして迫力のある低音を再生できる。

本体をひっくり返した背面部。入出力端子がある

本体をひっくり返した背面部。入出力端子がある

 入力端子は光デジタル×2と同軸デジタル×1、アナログ入力×1を装備するほか、Bluetoothに対応。スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで再生できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画