このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

今度こそあの頂へ! ミクGTプロジェクト7年目の正直第15回

SUPER GT第5戦でミクZ4は暴風雨の中を4位完走!

2014年08月15日 17時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●鉄谷康博、加藤公丸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

もう落とせない! 負の連鎖を断ち切れるか?
2戦連続ノーポイントの悔しさを晴らす!

 9~10日にかけて、静岡県の富士スピードウェイでSUPER GT 第5戦が開催された。我らがミクZ4は第3~4戦をノーポイントに終わってしまっただけに、ここではなんとしてでも大量ポイントをゲットしたいところ。

 あいにく天候は台風が接近中ということもあり、雨が降ったり止んだりという不安定さ。前戦のSUGOと同じパターンだ。しかし、予選日はピットウォーク中に短時間大雨が降ったものの、その後は天候が持ち直しドライ路面での予選アタックになった。

 予選1回目は片岡選手がアタック。「1'39.326」を叩き出したものの、ライバルたちは軒並み38秒台に入れてきており、なんとか10番手で突破する。あと0コンマ数秒遅かったら1回目敗退という非常にレベルの高いタイムアタックになっていた。

 続く2回目は谷口選手がステアリングを握った。開始から数ラップで「1.39.293」を出し、さらに途中から雨が降ってきたため、「もしやポール?」と思われたがさすがにそんなに甘くはなく、雨脚は強まらないまま予選は続き、結局7番手グリッドを獲得して終わった。


(次ページでは、「台風の中の決勝レース!」)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ