このページの本文へ

今度こそあの頂へ! ミクGTプロジェクト7年目の正直第14回

SUPER GT 第5戦でミクZ4は予選7位と上々な滑り出し

2014年08月10日 00時56分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●加藤公丸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2戦連続ノーポイントの屈辱を晴らす!
80kgのハンデを積むも予選は7位で通過!

 SUEPR GT 第5戦 富士スピードウェイ(静岡県)の予選が今日開催された。

 レース直前に性能調整があり、ミクZ4は5kgのダイエットがなされたが、2連勝によるウェイトハンデは80kgといまだ重くのしかかっている。第3~4戦と不運が重なり、ポイント圏外で終わってしまった。もうここからは取りこぼしはできない! そんな不退転の決意で臨んだ第5戦 富士スピードウェイだったが……。

 予選1回目は片岡選手がアタック。心配された雨は微妙に降っており、ウェット宣言が出されたものの、スリックで出発。「1'39.326」を出して10番手で通過した。ボーダーラインの13位までほぼコンマ差の勝負という、ハイレベルな予選になった。

 予選2回目は谷口選手が担当。すぐに「1'39.293」を出して暫定トップに躍り出る。直後、雨が降り出してきたので、雨脚が強くなればポールポジションと予想されたが、残念なことに雨はやんできてしまった。上位陣は38秒台だったものの、なんとか7番手タイムで予選を終えた。

 明日は7番グリッドからのスタートとなる。比較的前のほうからのスタートは久しぶりだ。シーズン3勝目を飾るべく、みんなで応援しよう!


カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ