このページの本文へ

タッチパッドの改善やSharePoint Onlineログインプロンプト数の削減なども

8月12日にWindows 8.1がアップデート、PCをMiracastの受信機として利用可能に!

2014年08月06日 17時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows 8.1とWindows Server 2012 R2のアップデートで利用できる機能について発表

 米マイクロソフトは8月5日(現地時間)、Windows 8.1とWindows Server 2012 R2のアップデートで利用できる機能について発表した。Windows 8.1とWindows Server 2012 R2は8月12日に配信予定。

 このアップデートでは、以下のような機能向上が見込まれている。

タッチパッドの改善

 タッチパッドの精度が向上し、マウス接続中もタッチパッドをオンにしたままにできるようになる。これにより、タッチパッドでの右クリックやダブル・タップ・アンドドラックが可能になる。

Miracastの受信

 また、Wi-Fi direct APIを公開し、x86/x64ベースバージョンのWindows 8.1で稼働する32bitアプリが開発できるようになる。加えて、Windows PCをMiracastの受信機として利用可能にもなる。

SharePoint Onlineログインプロンプト数を必要最小限に削減

 SharePoint Onlineのサイトに初めてログオンする際に、「keep me signed in」のチェックボックスを選択すれば、以降アクセスした時のログインプロンプトが表示されなくなる

 なお、アップデートはWindows Updateにて、自動アップデートを有効にしていれば順次適用していく予定だ。

 また、今後Windows 8.1は大規模なアップデートではなく、月単位での小規模アップデートでセキュリティ関連のアップデートや機能追加/改善を計っていくとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン