このページの本文へ

既存のマルウェア対策、Webフィルタリングと組み合わせ「不正送金詐欺対策」

FJM、「BSTS」にマネージドUTMセキュリティサービス追加

2014年08月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通マーケティング(FJM)は8月5日、クラウド型セキュリティサービス「BSTS(ビステス)」の新たなラインアップとして、中堅中朝企業向けのUTM機器マネージドサービス「BSTS ディフェンスサービス」を提供開始した。

 BSTS ディフェンスサービスは、顧客ネットワークのゲートウェイに設置されたUTM機器(FortiGate)を、FJMがリモートで運用管理し、顧客にインシデント通知や月次レポートを提供するサービス。専任管理者がいない企業でも、ファイアウォール、IPS/IDS、アンチウイルス、Webフィルタによる保護機能が利用できる。

BSTS ディフェンスサービスの概要

 同サービスの月額提供価格(税別)は8万円から(機器購入費用を除く)。IPS/IDSやアンチウイルス、Webフィルタ機能の利用には別途ライセンス料金がかかる。

 なおFJMでは、従来から提供してきた「BSTS マルウェア対策」と「BSTS Webフィルタリング」、今回のディフェンスサービスを組み合わせることで、企業内の個人を狙った「不正送金」詐欺への対策が実現すると説明している。同日発足したシマンテック主催の「不正送金マルウェア対策イニシアティブ」にも参加する。

カテゴリートップへ

ピックアップ