このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2.5インチSSD 2014夏の頂上決定戦 第1回

この夏SSD買うならコレ!! 売れ筋&注目の全6メーカー7製品

2014年07月30日 17時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

独自コントローラーの性能が
気になるTranscend「SSD370」

 最後は公称の最大シーケンシャルリードが570MB/s(128GBモデル以上)と爆速なTranscendの発売ホヤホヤSSDの「SSD370」シリーズだ。

Transcend「SSD370」

 Transcend製SSDは、今までSandForceやJMicronといったコントローラーを採用していたが、「SSD 370」では、自社製コントローラーの「TS6500」を採用。さらに高品質のMicron製 MLC NANDフラッシュ(非公開のため実機確認)やDDR3 DRAMキャッシュを採用し、高いパフォーマンスを実現している。また、スリープモード時の消費電力を削減するDevSleep機能にも対応している。

Transcend SSD370
型番 TS32G
SSD370
TS64G
SSD370
TS128G
SSD370
TS256G
SSD370
TS512G
SSD370
TS1T
SSD370
容量 32GB 64GB 128GB 256GB 512GB 1TB
サイズ 2.5インチ、7mm厚
接続インターフェース シリアルATA 6Gbps
コントローラー Transcend TS6500
NANDチップ Micron 20nm MLC NAND
シーケンシャルリード 260MB/s 520MB/s 570MB/s
シーケンシャルライト 40MB/s 90MB/s 170MB/s 310MB/s 470MB/s
ランダムリード(IOPS) 2万IOPS 4万IOPS 7万IOPS 7万5000IOPS
ランダムライト(IOPS) 1万IOPS 2万IOPS 4万IOPS 7万5000IOPS
MTTF(平均故障時間) 150万時間
TBW(総書き込み可能容量) -
保証期間 3年間
実売価格 4000円前後 5000円前後 8000円前後 1万4000円前後 2万5000円前後 5万円前後

 公称のシーケンシャル/ランダムライトは、若干MX100シリーズの同容量モデルを下回っているが、価格はほぼ同じか、ショップによっては、1000円近く安価で販売中のため隠れた人気製品になっている。

Transcendオリジナルのコントローラー「TS6500」を採用している

容量256GB「TS256GSSD370」の基板。Micron製のNANDフラッシュやSamsung製のDDR3キャッシュを搭載していた

 2.5インチSSDの売れ筋&注目モデルをひと通りチェックしたところで、いよいよ次回は各製品の実力をベンチマークで検証していこう。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中