このページの本文へ

デュアルマイク方式でステレオ幅を調整可能

ZOOM、iPhone用高音質マイクを発表

2014年07月28日 22時27分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ZOOM iQ7

 ハイエンド音響機材のズームは7月28日、iPhone/iPadに接続する高音質ステレオマイク「iQ7」を発表、8月上旬に発売する。

 同社従来製品「iQ5」などと同様にM-S(Mid-Side)マイク方式を採用。正面方向をカバーする単一指向性マイクと側面をカバーする双指向性マイクによって構成され、側面マイクの音量を可変することでステレオ幅の調節が可能。

マイク側にダイヤルを持ち、入力ゲインやステレオ幅を調整できる

 接続機器をマイクのように向けて録音する「オーディオポジション」と、ビデオ撮影に適した「ビデオポジション」の2モードを搭載。iPhone/iPadなどを経由せずに録音音声を遅延なくモニターできるダイレクトモニターステレオミニジャック、マイク側でゲインやステレオ幅を調節できるスイッチ・ダイヤルを装備。

 連携する高機能録音アプリ「HandyRecorder」は無料でApp Storeからダウンロード可能。iPhone/iPadにはLightningコネクターで接続、接続機器からの給電で動作。製品には防風スクリーン(スポンジ)が付属する。本体サイズは幅54.5×奥行き75.2×高さ26.5mm、重量は31.8g。市場想定価格は9720円。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン