このページの本文へ

スマホでマンガを読むユーザー、「LINEマンガ」が700万超

2014年07月23日 17時00分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」を運営するLINEは、LINEアプリと連携するスマホ向け電子コミックサービス「LINEマンガ」の累計ダウンロード数が700万を超えたと発表した。

 「LINEマンガ」は、電子コミックを購入する「ストア」と閲覧する「ビューアー」、作品を整理保存する「本棚」という3つの機能を搭載。手持ちのiPhoneもしくはAndroidスマホにアプリをインストールすることで電子コミックを楽しめる。

「LINEマンガ」のダウンロード数の推移
「LINEマンガ」のダウンロード数の推移

 LINEを通じて友人に作品を薦められる「共有機能」や、コミックを購入することでそのマンガのキャラクターのスタンプを無料でダウンロードすることができる『「スタンプ付き」マンガ』など、LINEならではの特徴を持つ。マンガのほか4月からはライトノベル作品も取り扱いを開始し、提供するタイトルはコミックが7万3000点、ライトノベルが5000点に及ぶ。

「LINEマンガ」の利用イメージ
「LINEマンガ」の利用イメージ

 2013年4月からのサービス開始以降、約1年3カ月で700万ダウンロードを達成した「LINEマンガ」。一方、ディー・エヌ・エーが提供する無料のマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」は、13年12月のサービス開始から約5カ月後の5月11日付でダウンロード数が400万を突破している。マンガは手軽にスマホで読む時代が到来しつつある。

「マンガボックス」の利用イメージ
「マンガボックス」の利用イメージ

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ