このページの本文へ

MSI「970 GAMING」

久々のSocket AM3+対応ゲーミングマザーがMSIから発売

2014年07月22日 22時08分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Socket AM3+対応マザーボードに久々の新製品が登場。チップセットにAMD 970+SB950を搭載した「970 GAMING」がMSIから発売された。

チップセットにAMD 970+SB950を搭載したSocket AM3+対応マザーボード「970 GAMING」がMSIから発売

 MSIのゲーミング向けマザーボード「GAMING Series」にSocket AM3+対応モデルが追加された。おなじみの低レイテンシー・広帯域なネットワークコントローラーQualcomm Atheros「Killer E2205」の採用や、入力デバイスの素早いレスポンスと応答を実現する「ゲーミングデバイスポート」を搭載する。

 サウンド周りの機能として、デジタルノイズを抑えるためにメイン基板から独立させたオーディオ回路「Audio Boost2」や、ニチコン製オーディオコンデンサー、600Ω対応のデュアルアンプを搭載している。
 なお、対応TDPは140Wまで。TDP 220Wの最上位モデル「FX-9590」には非対応な点は覚えておこう。

対応TDPは140Wまで。TDP 220Wの最上位モデル「FX-9590」には非対応。ネットワークコントローラーには、ゲーミングモデルらしくQualcomm Atheros「Killer E2205」を採用する

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×2 (動作モードはx16+x0もしくはx8+x8)、PCI Express x1×2、PCI×2という構成で、メモリーはDDR3 DIMM×4(DDR3-2133/1866/1600/1333/1066、64GBまで)。オンボードインターフェースには、8chサウンド、ギガビットイーサネット(Killer E2205)、SATA3.0×6、USB 3.0×4などを搭載している。
 価格は1万2744円。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中