このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

山谷剛史の「アジアIT小話」 第78回

艦これもできる!? 中国で1万円台からの低価格Win8.1タブが続々登場!

2014年07月24日 12時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
1000元以下のWindows 8タブレットは淘宝網で多数見つかる

1000元以下のWindows 8タブレットは淘宝網で多数見つかる

 今さら言わずもがなだが、ブラウザーアプリ「艦隊これくしょん~艦これ~」が人気だ。

 ASCII.jpでも「ブラウザーアプリが使えるタブレット」といった記事をはじめ、複数の記事があり、提督のための専用マシンが望まれている。

 そして、中国では今、Windows 8.1タブレットが日本円で1万円強から購入できる状況だ。

 中国で安価なノンブランドのAndroidタブレットを買うには、騙されない会話力が必要となるが、Windows 8.1タブレットはオンラインショップでも騙される率は低い。

 名のあるメーカーが販売しているため、メーカーの代理店で買えば騙されることなく確実に買えて、壊れた時もサポート対応してくれる。

 前回の記事では中国のAndroidタブレットを取り上げたが、今回は最近続々と登場している激安Windows8.1搭載タブレットを紹介しよう。

1万円ちょっとの値段でWindows 8.1タブが買える!

酷比魔方の「IWORK8」

酷比魔方の「IWORK8」

 現在一番安価なモデルの価格は、なんと699元(約1万1200円)! その1つがタブレット専業のメーカー「酷比魔方」の「IWORK8」という製品だ。

 クアッドコアのAtom Z3735E(1.33GHz)を採用し、1GBメモリーに16GBストレージ(eMMc)、1280×800ドット表示が可能な8インチモニターを搭載。ウェブカムを2つを内蔵し、micro SDHCカードスロットにmicro USB、micro HDMIコネクターを1つずつ搭載する。

VOYOの「WinPad A1 Mini」

VOYOの「WinPad A1 Mini」

 次に安価なのは、「VOYO」というタブレット専業メーカーの「WinPad A1 Mini」というモデルで、こちらも1000元を切る価格となっている。オンラインショップでは、専用カバーとキーボードをつけて850元(1万3600円)程度だ。

 1280×800ドット表示が可能な8インチモニターやインターフェース類はIWORK8と同じだが、CPUには最大2GBのメモリーが搭載可能なAtom Z3735D(1.33GHz)を採用。当然2GBメモリーを搭載し、ストレージメモリーも32GBとなっている。

 このほかにも数社のタブレットが上記の2機種のようなスペックで、同様の価格で製品を提供している。

 つまり、もっとも安い製品でも、ディスプレーに繋いで、さらにUSBハブを用意し、そこからキーボードとマウスを差せば、普通のPCに化けるのである。PCが実に安い値段で買えるようになったものだ、と思う。

 また最近ではHPが7インチないし8インチモニターを搭載する99ドルのWindowsタブレットを発売する計画があると言われているが、110ドル程度で買える現状を考えるに、現実的な話に聞こえる。

 むしろ、HPがリリースする前にさらに低価格のWindowsタブレットが中国のメーカーから出てきそうだ。

(次ページに続く、「安さのポイントはWindowsのライセンス価格無料化が関係!?」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン