このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

製造過程や修理セクション、倉庫や配送センターすべてを一元管理する綾瀬事業所に潜入

ドスパラ工場見学、話題の「ラブライブ!」タブレットも見た!

2014年07月22日 17時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

修理セクションも同一フロア、3階には配送センターが!

不具合対策セクション。だいたい1時間ほどでトラブルシューティングできるという

 検査で不具合の兆候が発見された場合、PCは不具合対策セクションに送られる。部品の交換やファームウェアの修正のほか、ハンダなどを手直しする場合もあるそうだ。

エンブレムやライセンスシールを貼りつけ、梱包する

チェックを終え、出荷処理

全工程は作業員によって管理されている

 検査をクリアした製品は、仕様に合わせたエンブレムやライセンスシールの貼り付けの後、梱包となる。本体と一緒に工程に流している指示書のバーコードを読み取り、最終チェックを終えれば出荷処理が完了する。

3階は上海問屋とドスパラ通販の倉庫および配送センター

フロアを大きく2つに分割しており、こちらは上海問屋側の倉庫

モニターアームなど、上海問屋おなじみの製品が集まっている

 3階はドスパラの通信販売、および上海問屋の倉庫・配送センターとなっている。上海問屋のスペースでは、人気があるというモニターアームやオリジナルのSDカード、iPhone関連製品、USBメモリーなどを見ることができた。ジャンル別に棚を分けているだけでなく、人気のある製品を前の方に並べ、効率化を図っているそうだ。ドスパラのスペースはやはりPCケースやディスプレーの割合が多く、リテール品を扱っているが、緊急時には通常バルク品を扱っている2階の生産工程に在庫を融通することもあるという。

ドスパラ通販側の倉庫

シュリンク包装機も置かれていた

PCケースやディスプレーなど大型の製品も

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ