このページの本文へ

I/O性能が要求される用途にうってつけ

9倍高速なサーバーサイドブラッシュ搭載の1Uサーバー「RS3112-HU1」-サードウェーブテクノロジーズ

2014年07月17日 20時09分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サーバーサイドブラッシュを搭載した1Uラックマウントサーバー「RS3112-HU1」

 サードウェーブテクノロジーズは7月17日、サーバーサイドフラッシュを搭載した1Uラックマウントサーバー「RS3112-HU1」を発表した。

 サーバーサイドフラッシュとは、大容量フラッシュメモリを搭載した拡張カードをサーバーに装着する方式のこと。RS3112-HU1では、ファーウェイ製「Huawei Tecal ES3000 PCIe SSD高性能 ストレージカード(Huawei Tecal ES3000)」を採用。同社の計測では、SSDの4KB Read IOPSのカタログ値である97Kに比べ、同カードは実測値で720Kと、約9倍のIOPS性能を誇るとしている。

 主なスペックは、CPUに4コア/8スレッドのインテル Xeon 1230v3(33GHz、 最大3.7GHz)、32GBのメモリ、120GBのSSD×2、PCI Express接続のSSDストレージカード「Huawei Tecal ES3000」を1.2TB搭載。ギガビットLNANは4ポートで、450Wの80PLUS Gold認証を受けた冗長化電源を備える。OSのプリインストールはない。

 サイズは幅444×奥行き615×高さ43.4で、重さは約18kg。価格は126万7000円(税別)となる。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ