このページの本文へ

ASUS「Z97-WS」

4-Way SLI/CrossFireに対応するZ97搭載のハイエンドマザー

2014年07月12日 23時47分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSからZ97搭載のハイエンドマザーボード「Z97-WS」が登場した。4-Way SLI/CrossFireに対応する製品だ。

Z97搭載のハイエンドマザーボード「Z97-WS」がASUSから発売

 “WS”型番は、ワークステーションやハイエンドゲーミングPC向けモデル。PLX PEX8747を採用することで、x16+x0+x16+x0もしくはx8+x8+x8+x8で動作するPCI Express(3.0) x16を4本搭載し、4-Way NVIDIA SLI/AMD CrossFire XのマルチGPU構成をサポートする。

 電源回路には「Supreme Power Solution」を搭載。周辺温度105度で1万2000時間の寿命を誇る高耐久固体コンデンサー「12K Hours Capacitors」を採用する。そのほか、インピーダンスが低く発熱の少ない「ProCool Power Connector」、電源効率93%の超高効率チョーク「Beat Thermal Choke」、ドライバーとMOSFETを統合した「Dr.MOS MOSFET」を搭載する。

4-Way NVIDIA SLI/AMD CrossFire XのマルチGPU構成をサポート。M.2スロット×1、SATA Express×2といった最新インターフェースも備える

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×4、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2。メモリースロットはDDR3-DIMM×4(DDR3-3300/3200/3100/3000/2933/2800/2666/2600/2500/2400/2200/2133/2000/1866/1800/1600/1333/1066 、最大32GB)。

 オンボードインターフェースとしてギガビットイーサネット(インテル×2)、8chサウンド、SATA3.0×8、M.2スロット×1、SATA Express×2、USB 3.0×10、IEEE1394などを装備。I/O部には、グラフィック出力機能としてDisplayPort/Mini-Displayport/HDMIを備える。

ギガビットイーサネットはインテル製を採用。グラフィック出力機能としてDisplayPort/Mini-Displayport/HDMIを備える

 価格は4万5360円。パソコンショップアークやBUY MORE秋葉原本店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中