このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第90回

夏スマホのAQUOS、ARROWS、Xperiaで速度最速はどれ?

2014年07月14日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

続いての文字入力テストは
日本語入力を売りにするARROWS NXが勝利

 続いて文字入力のテスト。これはGmailの新規作成画面で以下の文章を入力する。

「お世話になっております。ライターの小林です。明日の13時にASCII.jpの件、よろしくお願いいたします。」

 片手操作のみで3回入力し、ストップウォッチで計測した。いつものように全文入力している。Xperia ZL2だけは片手操作用のモードに切り替えてのテストも行なっている。

  AQUOS ZETA ARROWS NX Xperia ZL2
入力プログラム iWnn IME-SH edition Super ATOK ULTIAS POBox Plus
最速タイム
(通常/片手モード)
39秒62 38秒20 42秒43/34秒46
平均タイム
(通常/片手モード)
46秒35 43秒63 49秒21/37秒62

 このテストではARROWS NXが最速、平均タイムともにトップ。常に40秒台か30秒台という好成績だ。予測変換は使っていないが、変換候補の並びが最適で、確実に文字を入力できる印象。実は入力しているときは「速い」とは思わず、タイムを見て驚いた。

AQUOS ZETA

ARROWS NX

Xperia ZL2

 一方、AQUOS ZETAは前サイクルで紹介したAQUOS Xxと同じく、右にキーボードが寄った形である。5.4型液晶搭載で横幅がある割には片手操作がスムーズで押し間違いも無く、絶妙なキーボードサイズと言える。

 Xperia ZL2はドコモの2機種にちょっと差をつけられた。キーボードの端にある「あ」のキーや変換候補が若干遠く感じた。これは本体の厚み(約10.8mm)の影響もあるように感じる。とはいえ最速で42秒台なので、少し前までなら十分トップを狙えるような数字だ。またキーボードはワンタッチで縮小でき、これで一気に入力しやすくなる。Xperia ZL2はキーボードを縮小で使ったほうが明らかに良かった。

Xperia ZL2のPOBoxは、キーボードを右側に縮小表示することができる

起動時間は20秒台の
AQUOS ZETAの勝ち

 起動時間のテストは電源ボタンを長押ししてから、ロック画面が表示されるまでを3回計測。これは以下の通りとなった。

  AQUOS ZETA ARROWS NX Xperia ZL2
最速タイム 20秒61 27秒27 33秒42
平均タイム 21秒19 29秒29 33秒45

 AQUOS ZETAが20秒で最速。ドコモのロゴが長く表示されたあと、Xiのロゴ、防水の注意文、AQUOSとAndroidのロゴが同時表示と続く。

 2位は27秒のARROWS NX。こちらもドコモ、Xiのロゴ、防水の注意文と続き、ARROWSのロゴが少しアニメーションをして表示され、ロック画面となる。

 3位は33秒台のXperia ZL2。ソニー、Xperiaのロゴのあと波打つイメージのアニメーションが表示され、auのロゴと防水の表示でロック画面になる。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン