このページの本文へ

Apple TVとダイレクトにデジタル接続

マランツ、初のUSB DAC搭載新世代プリメインアンプ「PM7005」発表

2014年07月11日 18時43分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「USB-DAC/ステレオプリメインアンプ PM7005」

 マランツは7月11日、同社初となるUSB DAC搭載、デジタル入力対応ステレオプリメインアンプ「PM7005」を発表、8月上旬に発売する。

 DSD再生対応のUSB DAC機能を搭載し、DSDファイル(2.8/5.6MHz)のネイティブ再生、192kHz/24bitのPCMファイルの再生に対応。アシンクロナスモード、デュアル・クリスタルクロックによるジッターフリー再生、高速アンプモジュールやフルディスクリート電流帰還型増幅回路など、細部までこだわった設計によりハイレゾ音源をクリアサウンドで楽しめる。

USB DAC機能はパソコン側のクロックと同期することなしに独自の高精度クロック回路で制御を行うアシンロナスモードにも対応し、パソコン側のジッターに影響されない

 定格出力は4Ω負荷で80W×2、デジタルオーディオ入力(USB-B、COAX、光)各1系統、アナログオーディオ×4を搭載。テレビやApple TVとダイレクトにデジタル接続できる。本体サイズは幅440×奥行き379×高さ125mm、重量は10kg。価格は10万8000円。

192kHz/24bit対応の同軸/光デジタル入力に対応。スピーカーターミナルにはマランツオリジナルのターミナル(SPKT-1)を採用する
■Amazon.co.jpで購入【既存モデル】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン