このページの本文へ

遺伝子検査サービス身近に、DeNA子会社が8月中旬から

2014年07月09日 05時43分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ディー・エヌ・エー(DeNA)の子会社であるDeNAライフサイエンスは9日、一般消費者向け遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」の提供を8月中旬から開始すると発表した。

 マイコードは、遺伝子情報を読み取り、将来的な疾病リスクや体質などに関する情報を提供しようというもの。利用希望者は専用サイトから申し込み、送られてきたキットを使って口内の粘膜などを検体として採取して返送。検体をもとにした遺伝子検査により、将来かかるかもしれない病気のリスク等についての報告を受けられる。

マイコードの自宅でできる遺伝子検査の流れ
マイコードの自宅でできる遺伝子検査の流れ

 検査項目は、胃がん・肺がん・食道がんなど40種類のがん、糖尿病・高血圧・心臓疾患など25種類の生活習慣病、その他疾病リスクと肥満や肌質などの体質関連を合わせ、最大283に及ぶ。検査コースは3つ用意しており、すべての検査項目を網羅した「オールインワン280+」が2万9800円、がん・生活習慣病・体質から100項目を選んだ「ヘルスケア100+」が1万9800円、肥満・肌質・髪質など体質に関する35項目を選んだ「カラダ30+」が9800円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ