このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

全裸で臨んだ泡風呂で、松本麻里がギリギリに挑戦!?

2014年07月08日 20時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 お客さんと一緒に乾杯をする異色のアイドルユニット“チャッキーズ∞インフィニティ”の一員としても活躍するグラドル松本麻里さんが、2ndDVD「生音 -ひとりじめ-」(発売:キューエイチエイゾウ/4104円)の発売イベントをソフマップモバイル館で、7月6日に開催した。

 5月に国内の温泉で撮影した本作は、BGMなどを一切用いず、生の音にこだわり、吐息や衣擦れなど、映像に加えて音からも楽しめる作品。舞台が温泉ということで、松本さんも「生々しいお風呂の音は妄想を膨らみます」と太鼓判を押していた。

 お気に入りのシーンは白いキャミソール姿で、お風呂の中に浸かっていくシーン。水に濡れたキャミソールが肌に張り付く様子は、男子の想像力を掻き立てる。また、セクシーな下着にタイトなスカートとストッキングを身に付けて、ストッキングを破っていくシーンについて「人生で初めてストッキングを自分で破ったんですが、ストッキングを破くピリピリと音を楽しんでください」と話した。

 ロケのなかで一番恥ずかしかった部分を聞いてみると、下になにも付けずに湯船に浸かり、泡を体にまとわりつかせた泡風呂のシーン。初めての体験で楽しかったが、スタッフに出ちゃっていないか常に確認をしながらの撮影で、ドキドキの連続だったとのこと。見どころとしては、公式プロフィールよりもさらに2cmボリュームアップしたお尻をあげていた。

 今後の活動予定として、飲みドルとして出演するイベント「飲みドル☆GirlsNight」が、7月9日に六本木TYCOON Loungeで開催を予定している。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ