このページの本文へ

家二郎の作り方とau WALLETのオトクさの両方がわかる!?

au WALLETにかこつけて、“家”二郎を作ってみた

2014年07月22日 11時00分更新

文● じまP(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【共通点その3】
若い人の強い味方であること!

 第3の共通点は、「大人だけではなく若い人の味方」というもの。

カリーさんとスピーディー末岡さんは若い人どころかすでに30代後半、ついつい「麺少なめ」と言うタイプ。じまPもアラサーで「大」を食べるのがキツくなってきた

 実際の店舗に訪れたことがある人なら、客層に若者が多いことを知っているはず。“マシマシ”なトッピングで、たっぷり食べられてスタミナがつくオトクなうれしさから、若い人に愛好家が多いのだ。

 さて、クレジットカードというと、20代の若い人にとっては、何となく自分とは縁遠いオジサン世代が使うもの……というイメージがあるかもしれない。学生の場合、クレジットカードは審査などがあって、持ちにくいという人は多いだろう。しかし、ネット通販などで必要な機会も少なくない。

 そこでau WALLETだ。申込手数料や年会費も不要なので、維持費はかからない。発行にあたって審査もない。プリペイド式なので、使いすぎる心配も不要。ご家族も安心だ。

 さらに、チャージはスマホアプリから可能。チャージ額を毎月のauの携帯料金と合算して後から支払う「auかんたん決済」、クレジットカードからの直接のチャージ、それからインターネット銀行の「じぶん銀行」からのチャージという3つの方法がある。

 アプリからはau WALLETの残高はもちろん、利用状況も確認できる。チャージも残高把握も簡単なうえに、アプリで支出が管理できるのは、大人はもちろん、収入の限られた若い人には大きなメリットといえる。

au WALLETの設定や操作は、Android/iOS用に提供される専用アプリで可能。もちろんチャージもできる

チャージや利用の履歴がスマホアプリからチェックできる。買い物の管理に便利だ

 au WALLETは大人はもちろん、若い人も利用しやすい。このことに気付けば、「若い人の味方」という点で共通していることがわかるだろう。

【家二郎の作り方 その4】
やっぱりこだわりたいブタの厚さ

 スープにニンニクを1房の半分ぐらい、ショウガ半かけをスライスしたもの、具材用に切ったキャベツの芯などを入れて、またまた1時間ほど煮る。煮詰まり過ぎないよう、水を適度に足してかき混ぜるのを忘れないように。

 圧力鍋から出して合計4時間も煮たら、スープは完成しているはず。麺を茹でるためのお湯を煮つつ、ブタを切っておく。

今回煮込んだブタがこちら。1時間半ほど煮込んでからカエシに漬け込むだけで、それっぽくなる。クリックして拡大すればわかる通り、実によい出来だ(と思う)

「ブタの厚さ」でもめる2人。本人たちなりに理想の家二郎を目指しているらしい。余ったらおかずやおつまみにもなるので、好みでがんがん切ろう


(次ページでは、家二郎の“マシマシ”を体験したらau WALLETのことがわかった)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン