このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Haswell Refresh搭載、持ちやすく、使いやすく、パワポも使える

Lenovo G50、低価格と感じさせないスリム筐体と、仕事に十分な性能

2014年07月09日 11時00分更新

文● 石井英男、写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コストパフォーマンスと使い勝手のよさが魅力

 このように、Lenovo G50は、使い勝手や信頼性が優れており、先代のLenovo G510/G500の流れを汲む、正当な後継といえるだろう。Lenovo G50の店頭モデルの実売価格は、上位モデルが10万円前後、下位モデルが7万5000円前後であり、両モデルともOffice Home and Business 2013を搭載していることを考えると、コストパフォーマンスは非常に高いといえる。

 ボディが一新され、従来に比べてより薄く軽くなっており、取り回しやすくなったことも魅力だ。キーボードやタッチパッドの使い勝手も優れており、仕事で使うノートとしての完成度は高い。スマートフォンやタブレットなどを持ち歩いているため、ノートは据え置きで使えれば十分という人はもちろん、オフィスなどでマシンを一括導入するので、1台あたりのコストを抑えたいという用途にも最適であろう。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画