このページの本文へ

丸くて柔らかいあのデジタルガジェットが帰ってきた

お帰りChumby、新モデルとともに復活

2014年07月04日 18時04分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
デジタルガジェットChumby(オリジナルモデル)は丸くて柔らかい素材でできている 

 ユニークなデジタルガジェット「Chumby」が7月1日に復活した。

再開にあたって新モデル「Chumby One」(79.99ドル:発売予定)も登場

 Chumby(チャンビー)は2008年から発売していたLinuxベースのデジタルガジェットで、無線/有線LANでネットに繋ぎ、アプリケーション(ウィジット)を専用サイトからダウンロードする。ウィジットには様々なものがあるが、Chumbyをデスクトップに置いて天気やニュース、Twitterタイムラインなどの常時表示やデジタルフォトフレーム、枕元に置いて高機能目覚まし時計として使って楽しむ。

こちらも新モデル「Chumby 8」(99.99ドル:発売予定)。赤と黒のモデルが用意される

 オープンアーキテクチャでユーザーがウィジット作成して専用サイトで公開できるなど一部で人気を博したが、スマホ/タブレット普及の影響などもあって一般的には普及には至らず、2011年にはハードウェアの販売を停止、2013年には営業を終了してネットサービスも停止していた。

 社員有志が事業を購入・継続していたが、7月1日より本格的に営業を再開、ウェブサイトも再開され、Chumby新モデルも公開されている。Chumbyサーバーにはいままで蓄積した1000のウィジット、これまで登録されたユーザーアカウントもそのまま残っており、かつてのユーザーであればそのまま利用できるという。ただし、ユーザーは月額3ドルでアクセス権を購入するに形となるほか、随時資金の寄付を受け付けている。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン