このページの本文へ

特命!! アスキービジトク調査班第2回

うわっ……私の国保高すぎ……? 国民健康保険組合への加入を検討してみた

2014年07月15日 11時00分更新

文● カリーさん(覆面ライター)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

国保が高いと感じるのはナゼ?

カリー またそもそもな話ですが、国保ってなんだか高いイメージがありますよね。

茂田 会社の健康保険って、すごく所得が高い人もいるので、そうした人から結構な額の保険料をとってるわけですよ。一方で、国民健康保険って所得が高い人が多くなく、働いていない方とかお年寄りが多いんです。あとは上限があったりするんですね。

編集K すごく所得があっても何十万かまでっていう制限があるという。

カリー じゃあ、払える人からなるべく多く取るみたいな状況になってしまうんですね。

茂田 国保の場合は、ほんとに所得が少ない人は冒頭でもいっていた減免があるので。中途半端に収入があると、保険料が高くなる。

編集K でも保険証がないのもキツいですよね。知り合いに聞いたんですが、国保を払わずに保険証がなくて自費治療したら、5万円もかかったとか。

いくちょん え、高ーい!

カリー ……そういえば、駆け出しのライターだった頃、一時期、俺も国保を払ってなかった記憶が。「なんか紙来てるなー」ぐらいの感じでスルーしてました。

茂田 それはナメてると痛い目を見ますよー。

カリー あとで払いはじめたら「さかのぼって払え」みたいなのがすごい金額で来た覚えが……。

編集K 僕の知り合いも、3年ぐらい払い続けたって言ってました。だから「こんなの来たって払うか!!」ってほったらかすとダメですよ。

「知り合いに聞いた」ってときはだいたい自分の経験を語っているという法則があるのよね

いくちょん 年金もさかのぼって払うというイメージがあったんですけど、国保もそうなんですか。

茂田 年金よりも、国保のほうがさかのぼって払わないといけない。

編集K 最大2年間でしたっけ?

茂田 以前はそうだったんですが、名前が健康保険「料」から健康保険「税」に変わって、時効が2年から10年に伸びました。

カリー 10年! 鬼ですね!

茂田 いまだに保険料でやってる市町村もあるかもしれませんが、都内は保険税になっちゃいましたね。

カリー 10年逃げれば払わなくて済むのかもしれないけど、10年病気にならないって相当難しいですよね(笑)。2年逃げればOKという裏技はつぶされてしまった。

茂田 それは裏技じゃないです(笑)

一同 (笑)。


付加給付も要チェック!

茂田 あと調べておきたいのは、付加給付という制度ですね。女性の場合、出産するといくらもらえるか知ってますか?

いくちょん わかんないです……。5万円とか10万円とか?

茂田 出産育児一時金として42万円もらえるんです。それは国保でも、国保組合でも、協会けんぽでもみんな42万円。で、健康保険組合も当然42万円もらえるんですが、さらに組合によってはいろいろな付加給付があって、関東ITソフトウェア健康保険組合なんかは、42万円にさらに9万円ももらえてしまう。

カリー それは独自のやつ?

茂田 独自です。あとは亡くなったときに、国保、国保組合、協会けんぽでは、埋葬料として5万円がもらえますが、関東ITソフトウェア健康保険組合では5万円とは別にさらに15万円がもらえます。

いくちょん へー!!

カリー なんでそんなに羽振りがいいんですか

茂田 なぜかって言うと、年齢構成が若いんです。だから、医者にかからないから、給付金で組合員に還元できるということです。保険料も国保より2割ぐらい安い。

カリー フリーのプログラマーさんが使うとよさそう。

茂田 ただ、健康保険組合は、法人でなおかつ従業員が何人以上じゃないと入れないという縛りがあるんですよ。だから個人じゃ難しい。国保組合は大丈夫ですけどね。

カリー いやー、本当に勉強になります。



(次ページ、「月10万円が給付される職業訓練校にも注目」に続く)



この連載の記事
お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新