このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スマホで始める「音楽アプリ部」 第50回

単なるネタアプリ? いえいえ、なかなか機能が充実しているんです

原稿書きマシーンになりたい漫画家、ロボ声アプリに手を出す

2014年07月05日 12時00分更新

文● ノッツ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回はロボットみたいな声になれるアプリをご紹介。「一発芸アプリじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は多機能なんです

原稿マシーンになりたい漫画家のための
ロボ気分になれるアプリとは

ノッツ こんにちは、ノッツです。最近は漫画家みたいな生活をしている私が、ASCII.jp「音楽アプリ部」内でアプリを紹介するこのコーナー、今回で17回目になります。

アンぽん 私が補佐的な役割をしておりますアンぽんちゃんです。今回は、「音楽アプリ部」の第50回目という記念すべき回なんですが……それにしても、なんだか久しぶりな気がしますね。体でも壊してたんですか?

Image from Amazon.co.jp
ソラミちゃんの唄 (2) (まんがタイムKRコミックス)

ノッツ いや……単純に、マンガの原稿とか単行本作業とかがありまして……。ここの担当編集さんには色々とご迷惑をかけた次第です(編注:ノッツさんが単行本作業をがんばっていた『ソラミちゃんの唄』2巻は7月26日に発売予定です)

アンぽん それでもまだ打ち切らずに記事を任せてくれるとは……。この厳しい御時世、当たり前だと思ってはいけませんよ。マンガ仕事とライター仕事の両立は難しいんですか?

ノッツ うーん、マンガの進行がいつもイマイチ遅いのかなぁ……。ネームが固まって作画の段階に入ったら、もうペンを動かすだけの作画マシーンになってバリバリ原稿をこなしたいんですが、なかなか……。

アンぽん まあ、お話を考える段階は人間くさい振り幅も必要でしょうけれど、いざ内容が決まって作画となると、あとは気力と集中力かもしれませんから、作画マシーンになりたいという願望も一理あるかもしれないですが……。

ノッツ やっぱり、僕がただ淡々と作業をすすめる作画マシーンになりきれてないのが問題なんじゃないかな。つまり、マシーン→機械→ロボットということで、なんだかロボ気分になれるアプリなんてありませんかね!

アンぽん おい今回はいつになく強引な入り方だな! まあ17回も続けさせてもらえばこんな時もあるか……! じゃあ、ロボになれるアプリを紹介しますよッ!

■iOS
RoboVox - Voice Changer App
価格無料 作者mikrosonic
バージョン1.8.0 ファイル容量13.2 MB
カテゴリーミュージック 評価(無し)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 7.0以降
■Android
RoboVox
価格無料 作者mikrosonic
バージョン1.8.0 ファイル容量9.1MB
対応デバイスAndroid端末 対応OSAndoroid 2.3.3以降

ノッツ あるんですかっ! ロボになれるようなアプリが! やっぱりすごい時代だ、これがホントのAndroidってわけですね……。

アンぽん 本当にロボになれるアプリなんてあるわけないだろ! ここは音楽アプリを紹介するコーナーなんです。紹介するのは、自分の声をロボットみたいな声にするアプリ。いわゆるボイスチェンジャーアプリですね。iOS版とAndroid版がありますが、基本は同じです。


(次ページでは、調整やエフェクトが多機能なんです)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中