このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

意外と知らない!? Windows 8.1タブレット活用術 第8回

パスワード入力が面倒? タブレットでのサインインの手間を軽減する!

2014年07月02日 12時00分更新

文● タトラエディット

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

そもそもパスワードの入力機会を減らしてみる

サインインオプションでパスワードのポリシーを設定。初期状態では「15分」となっている

サインインオプションでパスワードのポリシーを設定。初期状態では「15分」となっている

ピクチャパスワード欄の選択項目を「パスワードの入力を常に求めない」に指定すると、以後はスリープ解除時にパスワードが聞かれなくなる

ピクチャパスワード欄の選択項目を「パスワードの入力を常に求めない」に指定すると、以後はスリープ解除時にパスワードが聞かれなくなる

 初期状態では、スリープ解除して15分が経過するとパスワードが求められるように設定されているが、このタイミングを短くしたり、逆に長くしたりすることも可能だ。

 ほかのユーザーに見られたくないデータが入っているのであれば、パスワードの入力タイミングを毎回起動するたびに設定したり、逆にパスワードの入力を不要にしたりできる。

 ただし、Microsoftアカウントを利用する際、起動直後のサインイン時には、どういった設定であれかならずパスワードやPIN、ピクチャパスワードのいずれかの入力が必要。スリープを解除するときのみ、パスワード類が不要となる。

パスワードを無効化して自動でサインイン

ウインドウズボタンをロングタップして「ファイル名を指定して実行」を選択。「netplwiz」と入力して「OK」ボタンをタップ

ウインドウズボタンをロングタップして「ファイル名を指定して実行」を選択。「netplwiz」と入力して「OK」ボタンをタップ

「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックをはずして、「OK」をクリック

「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックをはずして、「OK」をクリック

アカウントのパスワードを入力する

アカウントのパスワードを入力する

 タブレットを外出時にも持ち歩く場合はおすすめできないが、プライベート利用や重要なデータが入っていないなどの理由でパスワードをかけなくてもいいという場合は、無効化して自動的にサインインするように設定できる。

 以上で設定が完了。使いはじめる際のパスワード入力が軽減されることで、タブレットがさらに気軽に利用できるようになるのではないだろうか。

 ただし、端末を普段から持ち歩いている場合や、重要なデータが入っている場合は、多少わずらわしくても、強固なパスワードを設定しておくのがおすすめ。個人的にはピクチャパスワードを用いることで、だいぶ入力の負担が減るのではないかと思う。

 次回はストアアプリの「メール」の活用方法ついて解説したい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン