このページの本文へ

ウェブブラウザーで電子書籍の閲覧が可能に

シャープ、アプリが不要なHTML5ベースの電子書籍ビュアーを提供開始

2014年06月30日 22時12分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シャープ、ウェブブラウザーで電子書籍の閲覧が可能になるソリューション「EBLIEVAブラウザー」の法人向け提供プランを拡大。

 シャープは6月30日、専用アプリケーションを使わずに汎用のウェブブラウザーで電子書籍の閲覧が可能になるソリューション「ブラウザビューア」の法人向けプランに、ネットワーク経由でアプリケーションを提供するASP型サービス「EBLIEVA(エブリーバ)ブラウザビューアASP」を追加すると発表した。さらに、電子書籍ソリューションのブランドを「EBLIEVA」へ統一する。

シャープはフィーチャーフォン時代から電子書籍ビュアーを提供しており、スマホ向けにはXMDFビュアーに対応してきた。試し読みだけしたい場合でもビュアーアプリが必須となるため、インストールが面倒というデメリットがあった。

 従来サービスはビュアーアプリが必須だったため、ユーザー側には試し読みであってもインストールや会員登録が必要で面倒だったり、アプリとストアが連動しておらず使いにくいなどのデメリットがあった。事業者にとっても、OSごとのアップデートやアプリのマーケット審査、インストールを促進する広告が売上につながらないなどの課題があり、新規参入の障壁となっていた。

 これらの課題を解決するためにシャープが開発したのが、EBLIEVAブラウザビューアだ。EBLIEVAブラウザビューアは、HTML5ベースでEPUB3やXMDFを表示する機能だ。同機能によって、汎用のブラウザーで電子書籍の検索・購入・閲覧が可能になる。

HTML5ベースのブラウザビュアーによって端末を問わず電子書籍の閲覧が可能になるという。

 従来ブラウザビューア機能は、電子書籍ストアのサーバーに組み込み、要望に応じてカスタマイズするパッケージ販売型で提供してきた。今回新たに登場したASP型サービスは、各電子書籍ストアにおいて、シャープのサーバーからブラウザビューア機能を月額で提供するため、事業者側で新たにサーバーを所有する必要がなく、初期投資を抑えられるという。

 配信コンテンツ量に応じて、エントリーコース、スタンダードコース、プレミアムコースの3つのプランがラインアップされている。エントリーコースは、プロモーションサイトや試し読みやコンテンツなどの表示機能を提供。スタンダードコースは、中規模な電子書籍ストア向け、プレミアムコースは、大規模な総合電子書籍ストア向けに試し読み、購入コンテンツの表示を提供する。すでに電子書籍取次事業者とも提携したソリューション提供を開始しているという。

配信サーバーをすでに所有している事業者向けのパッケージ販売に加えて、ASP型サービスを新たに展開。「ASP型」は配信コンテンツ量に応じて、エントリーコース、スタンダードコース、プレミアムコースの3つのプランをラインアップ。

 シャープはEBLIEVAブラウザビューアの開発にあたり、100社以上の出版社から預かった300以上の検証用ファイルを電子書籍用にレイアウトし、日本語レイアウトの表示技術の向上に取り組んだという。さらに、データの種類はテキストコンテンツに多い「リフロー型」、雑誌や漫画コンテンツに多い「フィックス型」の両方に対応する。

テキストコンテンツ向けのリフロー型、漫画や雑誌向けのフィックス型に両対応。EBLIEVAブラウザビューアの対応端末。

 さらに、電子コンテンツ販売サービス「GALAPAGOS STORE」にて同日よりブラウザビューアによる試し読みへの対応を開始した。まずは一部の電子書籍の試し読み機能から対応し、順次電子書籍の閲覧まで範囲を広げていくという。シャープはこの機能で気軽に試し読みができる環境を提供することで、新規会員数や購入率の増加を狙う考えだ。

GALAPAGOS STORE書影をタップすると、インラインフレームでブラウザビューアが開き、すぐに試し読みできる。さらにタップすると、ブラウザ全体に表示される。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ