このページの本文へ

睡眠の深さを解析、離れた家族の見守り機能も

アイシン精機、快眠を追求する「ねむりモニター」発表

2014年06月30日 17時54分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ねむりモニター

 アイシン精機は6月30日、睡眠の状態をデータ化してスマホやパソコンに表示、分析する「ねむりモニター」を発表、7月1日より販売する。

ベッドの足の下にセンサーを設置する(有料による訪問設置サービスも用意)

 自動車向けの各種機器を開発する同社だけに、シート内蔵体重検知センサー(エアバッグ制御に用いる)技術を応用し、ベッドの足の下に装着するセンサーによって人の体重・身体の動きを検出。解析ボックスを経由し、パソコンやスマホを使いグラフや数値によって睡眠中の身体の動き、眠りの深さを知ることができる。会員登録(無料)でクラウド上にデータを保存、専門家によるアドバイスを受けることも可能。

睡眠中の身体の動きから眠りの深さを解析、スマホなどで確認できる

 また、プレミアムサービス(有料:月額324円、登録後6ヶ月無料)に登録することにより、クラウドで経由で離れた家族の睡眠履歴や生活リズムの変化を知ることができるサービスも用意される。

離れた家族の生活リズムを知ることもできる

 ねむりモニター解析ボックスとスマホ/タブレット/パソコンとの接続は家庭内無線LANを使用する。センサーは幅10.8×奥行き14×高さ4.7cm(2個)、解析ボックスは幅8.6×奥行き17×高さ3.4cm。測定できる体重は30~102kg。価格は3万2400円。

初出時、プレミアムサービスの価格に誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。(2014年7月1日)

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン