このページの本文へ

紫外線を可視光に変換して出力アップ

日立化成、太陽電池の効率を向上させる波長変換粒子を販売開始

2014年06月27日 18時38分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

紫外線によって蛍光を発する波長変換粒子

 日立化成は6月26日、太陽光発電の効率向上に貢献する波長変換粒子の販売を開始したと発表した。

 太陽電池に用いられる素子の多くは紫外線域の光では発電しないが、紫外線によって光る蛍光剤を用いることで発電に寄与することができる。

波長変換粒子の使用プロセス

 日立化成の波長変換粒子は、アクリル樹脂粒子内に蛍光体粒子を含有させたもので、太陽電池パネルの封止シート製造しに混合することで変換効率が最大で2.2%向上する。

 耐久性に優れたアクリル樹脂を用いていることから封止シートの耐久性を損なうことはなく、また封止シートの製造プロセス・生産性には影響しないという。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン