このページの本文へ

スマートフォンラウンジがドコモラウンジにリニューアル

2014年06月25日 18時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマートライフを充実させるべく
ドコモ スマートフォンラウンジを大幅リニューアル!

 東京・有楽町のドコモ スマートフォンラウンジが、今日25日、装いも新たに「ドコモラウンジ」へと生まれ変わった。ラインナップにiPhoneやiPadも加わったこともあり、ドコモは様々な種類の端末をそろえているが、「スマートライフのパートナーとして、そしてスマートライフを体験してもらうためにドコモラウンジを用意した」とのこと。

 ドコモ スマートフォンラウンジとの違いは、なんといってもその広さ。これまでの1.8倍に当たる450m2の面積を誇っている。ソファーや丸テーブル、そして電源が使えるノマド机などが配置される。タブレットは50台以上が用意され、くつろぎながらのんびりとスマートライフを体験できるようになった。

オシャレで清潔感がある店内

 また、展示にはそれぞれテーマがあり、今日の朝に日本代表の試合は終わってしまったがサッカーコーナーや、奇しくもマイケル・ジャクソンの命日(日本時間だと26日)だがマイケル・ジャクソンコーナーなどが用意されている。

 それでは、店内の雰囲気を写真で紹介しよう!

イスやテーブルも多く用意されているので、自宅のようにくつろげる
アウトドアコーナー。展示されている商品のほどんどが、dマーケットで購入できるものばかり
サッカーの結果は残念だったが、ワールドカップ自体はまだ終わっていない! ということで、これらのサッカーグッズもネットショップで販売されている
dビデオやdミュージックも体験できるコーナーもある
キングオブポップ、マイケル・ジャクソンの新譜発売を記念したコーナー。オープンが偶然にも命日に。端末はXperia Z2と、Xperia Tablet Z2
マイケルコーナーに限らず、このようにひとつひとつ手書きのポップが置かれている。なお、ゼロ・グラビティは「アンチ・グラヴィティ」が正式名称だったりする新譜の「Xscape」だけでなく、すべてのアルバムが視聴可能。ソニーのデジタルノイズキャンセリングも体験できる

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン