このページの本文へ

ローロデックスに着想を得たダイヤルによる操作が特徴

アナログ感溢れるダイヤル操作が魅力のデジタル名刺ホルダー「メックル」

2014年06月24日 17時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
デジタル名刺ホルダー「メックル(MQ10)」。どこかアナログ感のある、ダイヤルが目立つデザイン

 キングジムは6月24日、デジタル名刺ホルダー「メックル(MQ10)」を発表した。

 名刺サイズのディスプレーと名刺用スキャナーを組み合わせた製品。横のダイヤルを回し、めくるように名刺を閲覧できる操作性が特徴だ。

開発を担当した開発本部 商品開発部 開発二課の東山慎司リーダー

 同社の調べによれば、名刺をデジタルで管理しているビジネスパーソンは全体の約10%(社外・500人を対象とした調査による)と、多いとは言えないのが現状。ただし、名刺ホルダーや名刺ボックスといったアナログな方法で管理している人の内、3人に1人程度は名刺のデジタル管理に興味を示していることも明らかになったという。


 興味を持ちながらも踏み切れない理由としては、「スキャンするのが面倒」「PCやスマートフォンの知識がないので難しい」「安全性に不安がある」といった声が多かったとのこと。同社ではこれらの意見を参考に、「アナログ感覚でデジタル化」を念頭にメックルを開発した。

超ロングセラーの名刺ホルダー「Rpledex」が開発のヒントに

ダイヤルを回して操作する。ダイヤルの横は決定ボタンも兼ねる着想を得たという「Rolodex」

 PCやスマートフォンの知識が充分になくても手軽に使え、楽しく操作時できる商品を目指した。ダイヤルによる操作は、ロングセラーの名刺ホルダー「Rolodex(ローロデックス)」から着想を得たとのこと。

名刺をセット
スキャン簡単に登録できる。解像度は300dpi

 主な仕様は、寸法は約幅139×奥行き125×高さ129mm、重量は約325g。内部にストレージを内蔵し、保存可能枚数は約5000枚(300dpiで保存・名刺片面あたり92KBで計算)。スキャン速度は公称で1枚あたり6秒以内。

取り込んだ名刺は5モードで検索・管理できる輝度調整なども可能。設定項目は必要最低限の印象

 取り込んだ名刺は、すべてを一括で表示する「スクロール」、分割したグループごとに表示する「グループ」、五十音・アルファベット順に表示する「インデックス」、あらかじめお気に入りに登録した名刺のみを表示する「お気に入り」、名刺を登録した日時順に表示する「登録日」の5モードで検索・管理できる。またmicro-USB端子そなえ、PCとの接続にも対応。PCと接続すれば、Windows/OS X対応のデジタル名刺管理ソフト「DA-1」でスキャンした名刺の管理・編集をしたり、バックアップをとったりといったことも可能だ。

代表取締役社長の宮本彰氏「この商品には自信をもっている」

代表取締役社長の宮本彰氏

 都内で開催された発表会には代表取締役社長の宮本彰氏も顔を見せ、「キングジムでは、記者向けの大規模な発表会は年に1度するかしないかといったところ。発表会を開いて披露するということは、この商品には自信を持っているということです。私は、大ヒット間違いなしだと思っています」と自信のほどをうかがわせていた。

 メーカー希望小売価格は2万9160円で、本体カラーはネイビーの1色展開。7月11日に発売する予定だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン