このページの本文へ

クラウドストレージ「OneDrive」の無料容量が15GBに!

2014年06月24日 15時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Microsoftは同社ブログ(https://blog.onedrive.com/)において、WindowsやMac OS X、スマホなどで同期して利用できるクラウドストレージサービス「OneDrive」の無料容量が15GBになると公表した(現在は7GB、2012年4月以前から利用していたユーザーは25GB)。来月から自動的に適用される予定。

 ブログ内では、PCユーザーの4分の3は、PC内に保存している自分のデータは15GB以下であるとし、その15GBをなんらかの手間も不要で無料で利用できるのだと語っている。

 さらにOffice 365のユーザーは、契約の種類を問わずに1TBが利用可能になる。日本では提供されていないが、ホームユーザー向けの「Office 365 Personal」であれば、月6.99ドルでフルバージョンのOfficeアプリとともに1TBのオンラインストレージが使える点もアピールしている。

 また、追加容量も値下げされる。100GB追加は月1.99ドルに(現在は7.49ドル、日本では799円)、200GB追加は月3.99ドル(現在は11.49ドル、日本では1199円)となる。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン