このページの本文へ

Synology「Embedded DataStation EDS14」

換気扇のない過酷な環境に強いSynologyの正方形NASサーバー

2014年06月20日 23時18分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 正方形ボディーが特徴的なSynology製のNASサーバー「Embedded DataStation EDS14」がオリオスペックに入荷した。

正方形ボディーが特徴的なSynology製のNASサーバー「Embedded DataStation EDS14」。通常35度程度の耐熱性だが-20~50度の産業耐熱レベルに対応。換気扇のない過酷な環境においても抜群の耐久性を発揮する

 125mm四方のコンパクトな正方形ボディーを採用する「Embedded DataStation EDS14」は、-20~50度の産業耐熱レベルに対応し、換気扇のない過酷な環境においても抜群の耐久性を発揮。特別に設計された冷却機構により、施設の環境温度が50度にも達するような場所においても、システムとCPUの正常稼働を保証するとしている。

 CPUはMarvell Amada 370(1.20GHz)を搭載、メモリーはDDR3 512MBで、ギガビットLAN×2。USB 3.0ポート×2、USB 2.0×1、SDカードリーダーを装備し、OSはWindows、Linux、Macの各OSをサポートする。また、ネットワークカメラサーバーとしての利用も可能。最大5台までの監視カメラを接続し管理できる。
 価格はオリオスペックで3万2000円(税抜)。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中