このページの本文へ

ApacheとIISのシェア逆転!? nginxは? Webサーバの世界で今何が起きているのか

2014年06月17日 09時00分更新

文● 鈴木淳也(Junya Suzuki)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アクティブサイト全体に対する各Webサーバのシェア

 さて問題はここからだ。Netcraftでは別の視点から割り出したWebサイトシェアの推移も出している。図3はそのひとつで、図2で示されたアクティブサイト全体に対する各Webサーバのシェアを割り出したものだ。Apacheのシェアが減少傾向にあることは代わりないものの、一方でMicrosoft(IIS)のシェアがそれほど高くないどころか、nginxに負けている。

【図3】 アクティブサイト全体におけるWebサーバシェア(出典:Netcraft)

 この傾向がさらに顕著になるのが図4の「アクセス数の多いサイト上位100万におけるWebサーバシェア」で、アクティブな上位サイトの半数超でApacheが利用されているもののシェアは微減傾向にあり、代わりにnginxがシェアを少しずつ伸ばしているというものだ。

【図4】 アクセス数の多いサイト上位100万におけるWebサーバシェア(出典:Netcraft)

 筆者の推測ではあるが、Netcraftによる前述アクティブサイトの定義を考えれば、自動生成サイトでのMicrosoft(IIS)利用率が高く、よりアクティブなサイトでは依然としてApacheの利用率が高く、中でもnginxの人気が日に日に高まっているといった傾向が見て取れる。

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ