このページの本文へ

天使過ぎる橋本環奈も大喜び! 地域密着スマホサービス「Walker47」開始

2014年06月16日 22時48分更新

文● 太田/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
過去に例が無い規模の地域密着型情報サービス「Walker47」

 KADOKAWAならびに傘下の地域プラットフォーム事業会社、Walker47は、スマートフォン向け地域情報メディアサービス「Walker47(ウォーカーフォーティセブン)」の提供を開始した。料金は無料。今後は月額課金も検討しているという。

 Walker47は、全国1952地域・1200名の「地域編集長」による地域密着型の情報が配信される。地域編集長は、地元タウン情報誌、地域活性化団体などで活動している人が据えられており、地元に精通したスペシャリストならではのグルメ、スポット、イベント情報などを発信。KADOKAWAの編集者による映画、音楽、TV、美容、健康、レシピといった編集コンテンツも提供される。

現時点は1200名の地域編集長だが、2000名に向けて拡大中とのこと

 今日6日に開催された記者発表会には、KADOKAWA取締役会長の角川歴彦氏が最初に登壇。角川会長は「私が東京ウォーカーという都市情報誌を創刊しようと思ってから来年で25周年を迎えます。従来のWalkerは5大都市を中心に出版をしていました。Walker47では全国を1952地区に分けて、それぞれに編集長を付ける。その人達のプレミアコンテンツとしてローカルポータルを作ろうという野心的な試みです。地域編集長は、地方の都市情報誌をやってきた人たちが今回こぞってWalker47に参加していただいております。KADOKAWAだからできること、地域の編集長だからできること、それぞれの長所を活かして今回Walker47を作ろうと思いました」とコメントした。

KADOKAWA取締役会長の角川歴彦氏
Walker47 代表取締役社長の岩崎孝司氏。現在は何でもウェブで検索できるが、効率よく情報を入手するのは難しい。Walker47で整理された情報を提供することを目指すとコメント
編集長を務めるのは長瀬正明氏(写真左)と加藤克明氏(写真右)の両名
全国津々浦々の地域編集長が壇上に! これでもごく一部なのだから凄い広島のご当地ヒーローも地域編集長に

天使過ぎるアイドルの橋本環奈がWalker47をいち早く体験

 ゲストには、“天使過ぎる”アイドルとして一躍有名になった、福岡のアイドルグループRev. from DVLの橋本環奈さんも登場。実際にスマホでWalker47を使用して、位置情報を利用した地域情報取得の便利さに驚いていたようだった。

二人の編集長に操作方法を教わる橋本環奈さん
Rev. from DVLの西岡優菜さんと秋山美穂さんも応援に駆けつけた

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン