このページの本文へ

6.6mm&2560×1600の有機EL! GALAXY Tab Sが海外発表

2014年06月13日 18時15分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サムスン電子は12日(現地時間)にニューヨークで製品発表会を開催。そこで6.6mmの薄さと、2560×1600ドットの解像度を持つAndroidタブレット「GALAXY Tab S」を発表した。10.5型と8.4型の2モデルを用意しており、7月からいくつかの市場で発売するとしている。

10.5型モデルのGALAXY Tab S

 GALAXY Tab Sの特徴は、ともに2560×1600ドット(16:10)の解像度を持つ、同社自慢の有機ELディスプレー「Super AMOLED」。Adobe RGBの色空間の90%以上をしており、映像や写真に最適化された色温度の設定も用意されている。また、太陽光下でも自然で明るく見やすい画面であることもアピールしている。

こちらは8.4型モデル

 また厚みはともに6.6mm。特に10.5型モデルはiPad Airより大型のディスプレーでありながら、重量は465gと下回る(iPad Airは469g)のが特徴的。なお、8.4型は294g。

10.5型は横画面での下部にホームキーがある
8.4型は小型のGALAXY S5のようなデザイン

 そのほかにもタブレットにかかってきた電話をタブレットで受ける「Call Forwarding」、GALAXY S5につづいて指紋認証機能、さらに子供向けの「Kids Mode」などが用意されている。周辺機器についても各種ラインナップされている。

Book Coverは3段階で調整可能
Bluetooth Keyboardも用意

 CPUはオクタコアの「Exynos 5」か、クアッドコアのSnapdragon 800(2.3GHz)のいずれか。メインメモリーは3GBで、内蔵ストレージは16GBまたは32GB。OSはAndroid 4.4。LTE版とWi-Fi版が市場に合わせてリリースされる。

  Galaxy Tab S 10.5 Galaxy Tab S 8.4
ディスプレー 10.5型有機EL 8.4型有機EL
画面解像度 2560×1600ドット
サイズ 約247.3×177.3×6.6mm 約212.8×125.6×6.6mm
重量(Wi-Fi版) 約465g 約294g
CPU Exynos 5 Octa 1.9GHz(オクタコア)
またはSnapdragon 800 2.3GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM) 3GB
内蔵ストレージ(ROM) 16GB or 32GB
外部メモリー microSDXC(最大128GB)
OS Android 4.4
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:8メガ/イン:2.1メガ
バッテリー容量 7900mAh 4900mAh
カラバリ Titanium Bronze、Dazzling White

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン