このページの本文へ

乾燥状態で保存できる生体貼り付け電極

まるで干し椎茸! 東北大、水で戻せる乾燥ゲル電極を開発

2014年06月12日 15時41分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

乾燥した状態で保存、水で戻して使用できる

 東北大学は6月10日、乾燥した状態で保存し、水で戻して使用できる安全・丈夫な乾燥ゲル電極を開発したと発表した。

 東北大学大学院工学研究科の研究グループによるもので、伸び縮みしても断線しない導電性ウレタンゴムとハイドロゲルを接合する技術を開発。生体に安全な有機物で作られ、乾燥や水戻しによる体積変化によっても壊れず、また高圧水蒸気による殺菌消毒も可能。

 開発したゲル電極は70%以上が水分なため生体になじみやすく、神経や筋肉の活動計測、通電治療に有用なほか、体内埋め込みによる脳・神経機能の補助にも役立つという。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン