このページの本文へ

日本人のサッカー選手の危険度ランキングも公開

ロナウドやメッシは危険? 検索でのマルウェア感染率が高いサッカー選手ランキングを発表

2014年06月12日 14時18分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ウェブページを検索する際のウイルスやマルウェア感染などの脅威に関して、危険と考えられるサッカー選手に関する調査結果を発表

 マカフィーは6月12日、ウェブページを検索する際のウイルスやマルウェア感染などの脅威に関して、危険と考えられるサッカー選手に関する調査結果を発表した。

 同社によると、サイバー犯罪者は高いサッカーなどのスポーツや文化イベントへの関心の高さを利用して、ユーザーをマルウェアが仕込まれたウェブサイトに誘い込もうとしているという。この調査では、ウェブサイトの安全性を評価する「McAfee SiteAdvisor」を活用。「動画」や「画像」などの頻出検索とサッカー選手名とを組み合わせて検索した場合に危険なサイトを判断し、総合的な危険率を算出している。

 また、ウェブ検索によるスパイウェア/アドウェア/スパム/フィッシング/ウイルス/マルウェアなどに感染するリスクが高い選手の上位11人を「レットカードクラブ」と名付け、ランキングを発表した。レッドカードに選ばれたイレブンは以下の通り。

レッドカードクラブ 選手危険度ランキング
ランク 選手名 国名 危険度(%)
第1位 クリスティアーノ・ロナウド ポルトガル 3.76%
第2位 リオネル・メッシ アルゼンチン 3.72%
第3位 イケル・カシージャス スペイン 3.34%
第4位 ネイマール ブラジル 3.14%
第5位 カリム・ジアニ アルジェリア 2.97%
第6位 カリム・ベンゼマ フランス 2.97%
第7位 パウリーニョ ブラジル 2.81%
第8位 エディソン・カバーニ ウルグアイ 2.67%
第9位 フェルナンド・トーレス スペイン 2.65%
第10位 エデン・アザール ベルギー 2.50%
第11位 ジェラール・ピケ スペイン 2.45%

 さらに日本人サッカー選手の危険ランキングも発表。ランキングは以下の通り。

日本人サッカー選手の危険ランキング
ランキング 選手名 所属 危険度(%)
第50位 香川 真司 マンチェスター・ユナイテッドFC 1.64%
第54位 本田 圭佑 ACミラン 1.57%
第75位 柿谷 曜一朗 セレッソ大阪 1.26%
第100位 長友 佑都 インテルナツィオナーレ・ミラノ 1.08%
第107位 清武 弘嗣 1.FCニュルンベルク 1.029%
第108位 岡崎 慎司 1.FSVマインツ05 1.025%

 マカフィーはサッカー選手を検索してマルウェアなどに感染しないために、公式なコンテンツ提供者のニュースサイトやウェブサイトの利用や、「McAfee LiveSafe」や「McAfee Mobile Security」などのセキュリティソフトの導入を推奨。また、「無料ダウンロード」などのワードを使用したウェブ検索や、疑わしいサイトからのムービーのダウンロード、安易な個人情報の提供をしないように注意を促している。

カテゴリートップへ

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから