このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

超高解像度のIGZO液晶を搭載

「LaVie Z」は13型で世界最軽量795g! 性能強化で一段と魅力が増した2014年夏モデルを試す

2014年06月20日 11時00分更新

文● 山口優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

超軽量で剛性の高い金属ボディを採用

WQHD(2560×1440ドット)という超高精細なIGZO液晶を搭載した「LZ750/SSB」

 各社から多種多様なサイズのノートPCが発売されているが、持ち運んで使う機会の多い人に人気があるのが、「携帯性」と「画面の見やすさ」のバランスがよい13型ノートだ。なかでも、795gという驚異的な軽さを実現した「LaVie Z」(NECダイレクトモデルは「LaVie G タイプZ」)シリーズが多くの人から支持を集めている。マグネシウムリチウム合金という超軽量の金属素材や、天板と一体化された液晶パネルなどを採用することで、薄型軽量化と剛性の高さを両立させているのが特徴だ。

 「LaVie Z」には、WQHD(2560×1440ドット)という超高精細なIGZO液晶を搭載したモデルと、フルHD(1920×1080ドット)のタッチパネルを採用したモデルの2系統が用意されている。そのうち、IGZOモデルはCPUやストレージ容量の違いにより、「LZ750/SSB」と「LZ550/SSB」の2機種に分かれる。今回は、Core i7-4510U(2.00GHz)と256GBのSSDを搭載する上位機種「LZ750/SSB」を試す。

LZ750/SSB」の主なスペック
CPUCore i7-4510U(2.00GHz)
メモリー4GB
ストレージ256SSD
光学ドライブなし
ディスプレー13.3型ワイド(2560×1440ドット)
通信機能無線LAN(IEEE 802.11ac/a/b/g/n)、Bluetooth 4.0
インターフェイスUSB 3.0端子×2(うち1ポートはパワーオフUSB充電機能付き)、HDMI端子×1、ヘッドホン出力・ライン出力端子×1、SDカードスロット×1
本体サイズ/重量幅319×奥行き217×高さ14.9mm/重量約795g
バッテリー駆動時間約5.4時間
OSWindows 8.1 Update (64ビット)
NEC Direct(NECダイレクト)


(次ページ、「無駄をそぎ落としたデザインが魅力」に続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン