このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ 第56回

「コーンポタージュがゼリーになったよ!」という謎商品

悶絶必至!? コーンポタージュ味のゼリーにノックアウト

2014年06月09日 18時00分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

はっきり言おう、
コーンポタージュ味のゼリーだ

「コーンポタージュのゼリーだなんて、期待できそうにないなあ……」という表情。はたして?

 いきなり結論から書いてしまうが、コーンポタージュ味のゼリーである。それ以上でも、それ以下でもない。

 だが、その点こそが致命的なのだ。たとえば、ガリガリ君のコーンポタージュ味は、コーンポタージュ味でありながらアイスでもあるというバランスを取るべく、塩気が効いたアイス部分とシャリシャリしたキャンディー部分で味に差を付けるなど、工夫を凝らしていた。それによって、「意外とアリでは」という評価も生まれるほどのクオリティーになっていたのだ。

「コーンポタージュがゼリーになっただけだね! 一個食べるのも相当キツいよ。甘いものは嫌いじゃないけど、これはちょっと勘弁してほしいかな……」

「甘みはかすかについていますけど、基本はポタージュのまま。塩気もあまりないし、濃い味というわけでもないので何とも特徴がないですね」

 一方、このゼリーは、本当にコーンポタージュがそのままゼリーになった感じなのだ。よって、冷たいコーンスープのジュレっぽいといえなくもない。しかし、本来は熱いままで味わうものが冷たくなることによる口当たりの変化や、固めることによって食感が変わることなどに対して、配慮があまり感じられない仕上がりになっている。直球で言ってしまえば、あまりおいしくない。

 温めて食べれば案外いけるかもしれない、という発想もあるにはあったが、それは冷やして食べるゼリーの本質とは外れているうえに、「だったら普通にコーンポタージュを飲むだろ」という冷静な考えが頭に浮かんできたため、あえて試さなかった。

ASCII.jp編集部きってのスイーツ女子・ナカムラもこの表情。「コーンポタージュを冷やして固めたような感じだけど、味が薄い気がします。正直、スイーツとして成立していませんね。まるで食べられないとは言えませんが、食べたことを忘れたいレベルではあります」

 ハズレ商品ではあるかもしれないが、コーンポタージュ味のスイーツをおいしく作るには、相応の工夫が必要なのだと実感させてくれる貴重なゼリーといえる。別に実感しなくてもいい、と言われればそれまでだが。

 というわけで、今日のジャンク部はコーンポタージュがゼリーになったよ! でした。ごちそうさまでした……。うーん。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ