このページの本文へ

4K出力対応の据置型Android端末が1万円台で販売中!

2014年06月07日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4K解像度出力に対応するという、据置型のAndroid端末「MBOX」(型番:S82B)が海外から直輸入で登場。Jan-gle秋葉原本店にて販売がはじまっている。

平たい円形をした据置型Android端末「MBOX」が店頭に入荷。4K解像度出力に対応、中央には誇らしげに“4K”を意匠化したロゴが飾られている

 4K解像度対応のAndroid端末といえば、ディスプレー一体型のモデルがぼちぼちリリースされはじめたところ。そこへきて、アキバ店頭には手のひらに乗るコンパクトサイズの4K対応モデルが登場した。

 4K解像度出力に対応するだけあり、Cortex-A9ベースのクアッドコアCPUに8コアGPU、2GBメモリーと据置型としてはかなりハイスペック。内蔵ストレージは8GBで、ネットワークはBluetooth 4.0と(保証対象外ながら)無線LAN機能もサポートしているらしい。なお、OSはAndroid 4.4.2を搭載している。

4コアCPUに8コアGPU、4K出力対応、無線LANのサポートなどをパッケージでうたうハイスペックモデル。リモコンやケーブル類も付属するため、購入してすぐに使用することができる
インターフェース群も充実。画面出力用のHDMIのほか、有線LANやUSBポート、microSDカードスロットなどを備える

 画面出力はおなじみのHDMIで、インターフェースは有線LAN、microSDカードスロット、OTG対応のmicroUSB、AタイプのUSBポートも2基搭載している。USBポートに入力デバイスを接続して操作できるほか、付属のリモコンによるワイヤレス操作が可能だ。

 Jan-gle秋葉原本店にて、1万6800円(税抜)で販売中。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン