このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2014レポート第15回

3枚のGTX 780 Tiを水冷化するキットをGIGABYTEが発売予定

2014年06月05日 00時14分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEXで、例年通り「台北101」の36階という見晴らしの良い会場で報道関係者限定に向けた展示会を開催しているGIGABYTE。昨日お伝えした「BRIX Gaming」もさることながら、もうひとつ外せないアイテムがあるのでお伝えしておこう。

「台北101」の36階という見晴らしの良い会場で報道関係者限定に向けた展示会を開催しているGIGABYTE

 「GV-N78TX3WA-3GD」という型番が与えられたこの製品は、GeForce GTX 780 Ti搭載のビデオカード3枚を水冷仕様にして、巨大な外付け式ラジエーターボックスとセットにしたもの。GeForce GTX 780 Ti搭載カードが3枚という時点で、すでに常識外れの製品といえるが、さらに水冷化というから驚きを通り越して笑うしかない。

GeForce GTX 780 Ti搭載のビデオカード3枚を水冷仕様にして、巨大な外付け式ラジエーターボックスとセットにした「GV-N78TX3WA-3GD」。GIGABYTEは売る気マンマンだった

 「あぁ、COMPUTEXに向けて考えた、よくあるコンセプトモデルね」と思っていたら、案内してくれた本社の担当者(女子)から驚きの一言。「日本でも売りますよ」とのこと。これには、会場にいた日本ギガバイトのスタッフも苦笑いといったところだが、アキバ的には実におもしろい。

水冷仕様のGeForce GTX 780 Ti搭載カード。専用のカッコイイSLIブリッジも付属する

 「GV-N78TX3WA-3GD」の構造を今一度確認しておこう。製品は、水冷について初心者でも取り付けが可能なオールインワンキットで提供される。内訳は、水冷仕様のGeForce GTX 780 Ti搭載カードとチューブで接続された120mmラジエーター+冷却ファンのユニットが計3基分。専用のSLIブリッジも付属する。

内部には120mmラジエーター+冷却ファンが3基に冷却タンクが収納されている。

 チューブはフロントの5インチベイから出し、ケース上部に備え付けられた外付けボックス内に収納。内部には120mmラジエータ+冷却ファンが3基に冷却タンクが収納されている。なお、外付けボックスフロント部分に備えた操作パネルで、ファンやポンプの回転数をカード個別に管理することも可能だ。
 発売されれば売れるのか? という野暮な心配はさておき、まずは発売を待つことにしよう。

外付けボックスフロント部分に備えた操作パネルで、ファンやポンプの回転数をカード個別に管理することも可能

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中